石清水八幡宮を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

石清水八幡宮

石清水八幡宮

由緒

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、貞観元年(859年)に奈良の大安寺の行教が、八幡大神の託宣を受けて清和天皇の勅を奉じ、朝廷が橘良基に命じて神殿六宇を創建したのが始まり。

祭神は、神功皇后、応神天皇、比淘蜷_(ひめおおかみ)。

社殿は火災などで幾度か焼失しているが、そのたびに時の権力者によって再建されている。

現在の社殿は、寛永11年(1634年)に徳川家光が寄進したもので、本殿には織田信長が寄進した「黄金の樋(とい)」が架かっている。

平成28年(2016年)に本社10棟と棟札3枚が国宝に指定された。

ご利益

国家鎮護、開運厄除、勝運

若宮社

若宮社

本殿の後ろに建つ若宮社。男性の守護神。仁徳天皇を祭神とし、祈願成就、学業成就のご利益がある。

若宮殿社

若宮殿社

若宮社の隣に建つ若宮殿社。女性の守護神。応仁天皇の皇女を祭神とし、祈願成就、心身健康のご利益がある。

石清水社

石清水社

参道の途中に建つ摂社の石清水社。祭神は天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)。岩間からは清水が涌き出ている。

高良社

高良社

男山のふもとに建つ摂社の高良社(こうらしゃ)。祭神は高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)。八幡の氏神で心願成就の御利益がある。

エジソン記念碑

エジソン記念碑

境内にあるエジソン記念碑。トーマス・アルバ・エジソンは、1879年に石清水八幡宮に生えている竹をフィラメントの材料として使用し、炭素白熱電球を発明した。

石組

石組

昭和26年(1951年)9月の第二室戸台風で倒壊した三の鳥居の残材を使用して作庭した石組。

展望台

展望台

境内の北にある展望台。京都市内や長岡京市などを望むことができる。

松花堂およびその跡

松花堂およびその跡

参道の脇にある松花堂の跡。松花堂は、江戸時代の文化人の松花堂昭乗が晩年を過ごした庵。

石清水八幡宮の所在地

〒614-8005
京都府八幡市八幡高坊30(地図

石清水八幡宮への行き方

京阪石清水八幡宮駅からケーブルに乗車、ケーブル八幡宮山上駅からすぐ

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
善法律寺
善法律寺
松花堂
松花堂
正法寺
正法寺