善法律寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

善法律寺

善法律寺

由緒

善法律寺は、正嘉年間(1257〜1259年)に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)社務の善法寺宮清が、自宅を寺に改めたのが始まり。

室町時代には、善法寺通清の息女で足利義満の生母の良子(よしこ)から楓の樹が寄進され、もみじ寺とも呼ばれるようになった。

本堂は石清水八幡宮から移築したものである。

また、本尊の僧形八幡坐像も石清水八幡宮に祀られていたものであるが、明治時代の神仏分離に伴って善法律寺に移された。

善法律寺の所在地

〒614-8005
京都府八幡市八幡馬場28(地図

善法律寺への行き方

京阪八幡市駅から徒歩約16分

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
石清水八幡宮
石清水八幡宮
松花堂
松花堂
正法寺
正法寺