7月10日に行われた祇園祭の神輿洗奉告祭・2019年

7月10日に祇園祭のお迎提灯を見た後、八坂神社で行われた神輿洗奉告祭も見てきました。

神輿洗奉告祭は、神輿洗式に先立って行われる神事です。

午後6時頃から八坂神社の本殿で神事が行われている最中、3基の神輿が登場します。

東御座の神輿

八坂神社の最寄り駅は、京阪電車の祇園四条駅です。

駅からは、四条通を東に5分ほど歩けば八坂神社に到着します。

私が八坂神社に入ったのは、午後5時前でした。

3基の神輿が整然と並び、神輿洗奉告祭が始まるのを待ちます。

3基の神輿

3基の神輿

しばらく円山公園を歩いたりして時間を潰した後、午後5時40分頃に再び八坂神社に戻ってきました。

すでに神輿洗奉告祭は始まっており、中御座(なかござ)の神輿は、南楼門の外に運ばれた後でした。

残りの2基の神輿は、境内の中央に建つ舞殿(ぶでん)に据えられます。

舞殿

舞殿

東御座(ひがしござ)の神輿が登場しました。

東御座の神輿の登場

東御座の神輿の登場

東御座の神輿は、屋根が4角形になっています。

ゆっくりと進む東御座の神輿

ゆっくりと進む東御座の神輿

祭神は、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)です。

東御座の神輿は、明治以降、若松町と若竹町の人々を中心とする四若神輿会(しわかしんよかい)によって奉仕されています。

東御座の神輿が、ゆっくりと舞殿に上がっていきます。

舞殿に入る東御座の神輿

舞殿に入る東御座の神輿

神輿を持ち上げるのは、とても力がいりそうです。

見ている方も、力が入ってきますよ。

本殿では、神事が続いています。

本殿

本殿

西御座の神輿

東御座の神輿が舞殿に収まると、西御座の神輿の登場です。

西御座の神輿の登場

西御座の神輿の登場

西御座の神輿は、屋根が8角形です。

西御座の神輿を担ぐ人たち

西御座の神輿を担ぐ人たち

祭神は、八柱御子神(やはしらのみこがみ)です。

西御座の神輿を奉仕するのは、錦神輿会(にしきしんよかい)。

錦市場の人々ですね。

ゆっくりと舞殿に向かって進んだ西御座の神輿が、体を斜めにしながら舞殿の中に入っていきます。

舞殿に入る西御座の神輿

舞殿に入る西御座の神輿

慎重に慎重に西御座の神輿を舞殿に入れていく舁き手の人たち。

そして、舞殿の中に西御座の神輿が収まりました。

先ほどの東御座の神輿は、舞殿の東側に置かれ、西御座の神輿は舞殿の西側に置かれました。

舞殿に入った2基の神輿は、この後、飾り付けが行われていきます。

神輿が舞殿に入ると、本殿で行われていた神事も終わったようで、祇園祭関係者の方々が外に出てきました。

神輿洗奉告祭終了

神輿洗奉告祭終了

この後は、いよいよ神輿洗式が行われます。

なお、八坂神社の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊

祇園祭2019年関連記事



京都紅葉photo