東山区一覧

法住寺の八重紅枝垂れ桜が見ごろ・2021年

4月初旬に京都市東山区の養源院に桜を見に行った後、南隣の法住寺にも参拝しました。 法住寺には、境内に八重紅枝垂れ桜が1本植えられています。 毎年、八重紅枝垂れ桜は、ソメイヨシノが終わりに近づく頃から見ごろに入ってきます。 2021年のソメイヨシノは、3月末で散り始めてきたので、そろそろ法住寺の八重紅枝垂れ桜がきれいに咲いている頃です。

養源院の参道で満開になった八重桜・2021年

4月初旬に京都市東山区の智積院に桜を見に行った後、西に3分ほど歩き養源院に参拝しました。 養源院には、本堂の玄関前に八重紅枝垂れ桜が植えられています。 また、参道にも、遅咲きの八重桜が植えられています。 2021年の京都では、3月16日にソメイヨシノが開花しましたが、その他の桜も、例年より開花が早まっています。 まだ4月初旬ですが、養源院でも八重紅枝垂れ桜と遅咲きの八重桜が、そろそろ咲いていることでしょう。

智積院の桜が散ってゆく・2021年

4月初旬。 京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。 智積院の境内には、桜が植えられており、特に八重紅枝垂れ桜がきれいに咲きます。 見ごろ時期は、ソメイヨシノが終わりに近づく頃で、2021年の京都は、3月終わりころから八重紅枝垂れ桜が見ごろに入って来ています。

建仁寺で咲き始めた桜・2021年

3月下旬。 京都市東山区の八坂神社に参拝した後、建仁寺を訪れました。 建仁寺は、繁華街の祇園に建つ臨済宗のお寺です。 境内は広々としており、所々に桜が植えられています。 割と交通の便が良い建仁寺ですが、観光客や旅行者の方で混雑することは、あまりありません。 春の桜が咲く時期でも、それほど人は多くないですね。

八坂神社で咲き始めた桜・2021年

3月下旬に京都市東山区の円山公園の枝垂れ桜を見た後、西隣の八坂神社に参拝しました。 八坂神社には、桜があまり植えられていないので、春にお花見を目的に訪れる人は、それほど多くありません。 でも、桜の名所の円山公園が近くにあることから、ついでに立ち寄っていく人が多く、春も境内が賑わっています。

円山公園で枝垂れ桜が見ごろを迎える・2021年

3月下旬に京都市東山区の知恩院に桜を見に行った後、南隣にある円山公園を訪れました。 円山公園にも、多くの桜が植えられています。 特に枝垂れ桜が多く植えられていますね。 その中でも、祇園枝垂れ桜の愛称で親しまれている大きな枝垂れ桜は、円山公園の象徴であり、春になると、多くの旅行者や観光客の方が一目見ようと訪れます。 見ごろ時期は、ソメイヨシノよりも数日早いです。 2021年は3月16日にソメイヨシノが開花したので、そろそろ円山公園の枝垂れ桜も良い具合に咲いているはずです。

知恩院の桜が見ごろに向かう・2021年

3月下旬に京都市東山区の祇園白川に桜を見に行った後、東に5分ほど歩き、知恩院に参拝しました。 知恩院は、浄土宗四ヵ本山に数えられる浄土宗のお寺で、境内には比較的多くの桜が植えられています。 京都の桜は、3月16日に開花したことから、知恩院でもそろそろソメイヨシノが見ごろに入って来そうです。

祇園白川の桜が見ごろに近づく・2021年

3月下旬。 京都市東山区の祇園白川を訪れました。 京都は、例年より12日早い3月16日にソメイヨシノが開花しました。 祇園白川では、ソメイヨシノよりも少し早く開花する枝垂れ桜が何本か植えられています。 例年だと、3月末頃に見ごろを迎えるのですが、今年はソメイヨシノの開花が早かったことから、そろそろ見ごろになっていそうです。

智積院で遅咲きの梅が見ごろを迎える・2021年

3月上旬に京都市東山区の法住寺に梅を見に行った後、東に5分ほど歩いて智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。 京都で梅の名所と言えば、北野天満宮が有名ですが、智積院もまた多くの梅が植えられています。 早春に赤色や白色の花が咲き、境内に甘酸っぱい香りが漂いますね。 毎年、早咲きの梅は2月中旬から見ごろになり、そして、遅咲きの梅は3月に入ってから見ごろを迎えます。