嵐山の紅葉を見て歩く・2020年

11月中旬に嵐山に紅葉を見に行きました。

嵐山には、紅葉が美しい寺院がたくさんあり、門前を通りかかると、どこにでも入りたくなります。

ただ、多くの寺院では拝観料が必要となるため、手当たり次第に拝観すると結構な金額になります。

また、時間もかかりますから、拝観は3ヶ所程度にすると余裕をもって紅葉を見ることができます。

嵐山の紅葉は、寺院だけでなく、お店や民家でも見られ、どこもきれいです。

ただ歩いているだけでも、気持ち良い紅葉狩りができますね。

今回は、嵐山を歩きながら見た紅葉を紹介します。

渡月橋近くの紅葉

阪急電車の嵐山駅を出て、北に歩きます。

途中、桂川から分かれた川に架かる橋を渡り、その途中で川のほとりの紅葉を眺めます。

川と紅葉

川と紅葉

この橋を渡っていると、嵐山にやってきたなと実感しますね。

もう紅葉は見ごろを迎えていました。

橋を渡ると嵐山公園に出ます。

渡月橋近くの景色

渡月橋近くの景色

この日は晴天だったので、嵐山公園を歩いているだけで気持ち良く感じました。

奥には紅葉した嵐山が見え、その下には渡月橋が架かります。

渡月橋を南から北に渡ります。

橋を渡りながら眺める嵐山と桂川(大堰川)の流れもきれいですよ。

渡月橋の北側にやってきました。

ここから西に向かって歩きます。

歩道脇には、多くのカエデが植えられており、葉が赤く色づいていました。

紅葉と嵐山

紅葉と嵐山

嵐山と一緒に見ると、より紅葉がきれいに見えますよ。

西に向かって歩いていくと、見ごろ前の紅葉と見ごろの紅葉が並んでいました。

大堰川の北を歩く

大堰川の北を歩く

同じような場所にあるのに色づきが異なるのが不思議です。

旧小林家住宅の紅葉

嵯峨嵐山文華館が見えてきたら、北に曲がります。

ここは、かつては時雨殿でしたが、2018年11月に嵯峨嵐山文華館にリニューアルしています。

嵯峨嵐山文華館近くの紅葉

嵯峨嵐山文華館近くの紅葉

嵯峨嵐山文華館の近くの紅葉が真っ赤でした。

見ごろが最盛期を迎えていますね。

嵯峨嵐山文華館の北にある宝厳院で紅葉を観賞します。

宝厳院の前にある細い道を東に歩きます。

この辺りは、昔ながらの風景が残っていますね。

こちらは、旧小林家住宅です。

旧小林家住宅

旧小林家住宅

門前の説明書によると、この主屋は、京都府船井郡園部町宍人(ししうど)にあったのを昭和54年(1979年)から同57年にかけて移築復元したものだそうです。

所有者であった小林家は宍人村の庄屋を勤めており、この主屋は文化6年(1809年)に建立したものです。

屋根は入母屋造茅葺で妻入とし、その内部は片側に土間を寄せ、他方に2列3室づつの6室を並べた、いわゆる摂丹型に属する民家で、丹波南部地域の江戸時代後期農家の一典型を示しているとのこと。

のれんには、「パンとヱスプレッソと嵐山庭園」と書かれています。

中は、カフェとなっており、たくさんの旅行者や観光客の方が、庭園で休憩していましたよ。

近くのカエデが真っ赤に色づき、茅葺屋根と一緒に見ると、懐かしい秋の風景を楽しめました。

紅葉と茅葺屋根

紅葉と茅葺屋根

小倉池の紅葉

旧小林家住宅を過ぎて、京福電車の嵐山駅近くにやってきました。

この界隈は非常に混雑しています。

近くに天龍寺があることも混雑の理由ですね。

それでは、天龍寺を拝観します。

天龍寺の紅葉を満喫した後は、北門から外に出て竹林の小径を歩きます。

竹林の写真を撮ろうと思っていたのですが、忘れてしまいました。

大河内山荘の前を通り、トロッコ列車の嵐山駅を過ぎると小倉池があります。

小倉池

小倉池

小倉池のほとりでも、数本のカエデが紅葉していました。

小倉池の近くの道を北に歩きます。

道の両脇には、お店や民家がぽつぽつと建っています。

そして、それらの敷地にもカエデが植えられており、ちょっとしたモミジのトンネルができていました。

行き止まりまでやって来ると、常寂光寺の山門が建っています。

常寂光寺の紅葉もきれいですから、見に行きましょう。

常寂光寺の拝観を終え、阪急嵐山駅に戻ります。

まだ、近くに二尊院祇王寺といった紅葉の名所があるのですが、日が西に傾き始めていたので、拝観は諦めることにしました。

再び、嵐山公園にやって来ると、西日を受けた紅葉が真っ赤に輝いていましたよ。

嵐山公園の紅葉

嵐山公園の紅葉

阪急嵐山駅の紅葉も真っ赤でしたよ。

阪急嵐山付近の紅葉

阪急嵐山付近の紅葉

この日は、嵐山の紅葉を十分に楽しめた1日でした。

嵐山は、毎年11月末まで紅葉の見ごろが続きます。

今年の嵐山は、全体的に紅葉がきれいな印象です。

京都に紅葉狩りに行こうと、お考えの方は、ぜひ嵐山に足を運んでください。

宿泊



京都紅葉photo