紅葉一覧

紅葉まとめ2021年

2021年の京都の紅葉は、数年に一度の当たり年と言われていたようにどこの紅葉の名所も例年と比較してきれいな色づきでした。 今年は、まだ海外からの旅行者が少なかったので、どこも比較的混雑することなく紅葉を楽しめましたね。 12月も下旬となり、京都の紅葉はほとんどが終わりました。 今回の記事では、今年訪れた紅葉の名所を振り返ります。

東本願寺で散りゆくイチョウ・2021年

12月10日に京都市下京区の東本願寺に参拝しました。 東本願寺には、境内にイチョウが数本植えられており、秋になると黄葉した美しい姿を見せてくれます。 すでに12月に入っていることから、京都市内では、ほとんどのイチョウが散っています。 東本願寺のイチョウも、そろそろ終わりが近そうですね。

円山公園で見ごろを迎えた紅葉・2021年

11月末に京都市東山区の大谷祖廟に紅葉を見に行った後、北隣にある円山公園を散策しました。 円山公園にも多くのカエデが植えられているので、11月には紅葉を楽しむことができます。 広々とした公園なので、混みあうことがなく、落ち着いて紅葉狩りをできるのが円山公園の良いところです。

大谷祖廟で散り始めた紅葉・2021年

11月末に京都市東山区の興正寺本廟に紅葉を見に行った後、北に7分ほど歩いて大谷祖廟に参拝しました。 大谷祖廟は、東本願寺の親鸞聖人の廟所です。 普段から、それほど観光客が訪れることはなく、紅葉の時期でも人が少なめです。

興正寺本廟で見ごろを迎えた紅葉・2021年

11月末に京都市東山区の清水寺に紅葉を見に行った後、興正寺本廟に参拝しました。 興正寺本廟は、下京区にある興正寺の親鸞聖人の廟所です。 観光客で賑わう三年坂の下にあるのですが、立ち寄る人の姿を見ることはほとんどありません。 秋には、きれいな紅葉を見られるんですけどね。

大谷本廟の参道で見る紅葉・2021年

11月末。 京都市東山区の妙法院に紅葉を見に行った後、北に7分ほど歩いて大谷本廟を訪れました。 大谷本廟は、西本願寺の親鸞聖人の廟所です。 晩秋になると、参道のカエデが紅葉し、清水寺に向かう途中に立ち寄って紅葉を見ていく観光客の姿を見かけます。 11月も終わりが近づき、大谷本廟の紅葉は、そろそろ終盤に差し掛かっている頃です。

妙法院で散り始めた紅葉・2021年

11月に京都市東山区の智積院に紅葉を見に行った後、北隣に建つ妙法院にも紅葉を見に行きました。 妙法院は、天台宗の三門跡寺院の一つに数えられる格式の高いお寺ですが、誰でも気軽に参拝できます。 秋になると紅葉を見ることができる妙法院ですが、紅葉狩りに訪れる観光客は少ないですね。

養源院の参道で散り始めた紅葉・2021年

11月末に京都市東山区の養源院に紅葉を見に行きました。 養源院には、参道に多くのカエデが植えられており、晩秋に美しい紅葉を見られます。 他の紅葉の名所と比較すると人は少ないですが、それでも、11月の紅葉の見ごろ時期になると多くの観光客の方が紅葉を見るために足を運びますね。

八坂神社で見ごろが近づく紅葉・2021年

11月末。 京都市東山区の円山公園に紅葉を見に行った後、八坂神社に参拝しました。 八坂神社は祇園の象徴ともいえる神社で、日ごろからたくさんの観光客の方が訪れます。 紅葉の名所としては、あまり知られていないものの、境内にはカエデが比較的多く植えられているので、晩秋に赤色やオレンジ色に色づいた景色を楽しむことができます。

智積院の散りゆく紅葉・2021年

11月末に京都市東山区の養源院に紅葉を見に行った後、智積院(ちしゃくいん)にも紅葉を見に行きました。 智積院は、境内全体に多くのカエデが植えられており、まさに紅葉の名所なのですが、不思議と紅葉狩りに訪れる人が少ないです。 観光客や旅行者にあまり知られていないようで、毎年、混雑することなく紅葉を観賞できます。 11月も終わりが近づき、そろそろ智積院の紅葉は見ごろの終盤です。