京都の紅葉狩りコース-金閣寺、龍安寺、仁和寺編

京都市内で最も豪華な観光コースは、金閣寺、龍安寺、仁和寺(にんなじ)の3ヶ所を1日で巡るコースでしょう。

きぬかけの道と呼ばれる道の東の端に金閣寺があり、そこから西に歩いていくと龍安寺、仁和寺にも行けます。

3ヶ所すべてが世界遺産に登録されているので、まさに京都観光のゴールデンコースと言えます。

そのゴールデンコースが、最も美しくなるのが秋の紅葉の時期です。

金閣寺

京都駅から金閣寺へ行くには、市バスを利用すると良いでしょう。

金閣寺方面に向かう市バスに乗車し、「金閣寺道」で下車して、徒歩3分ほどで金閣寺の入り口に到着します。

金閣寺は、参道の両脇に多数のカエデが植えられており、秋になると真っ赤なモミジが参拝者を出迎えてくれます。

鐘楼付近の紅葉も見事で、金閣の拝観時には、こちらもじっくりとみておきたいですね。

秋に金閣寺に参拝した時は、モミジと池と金閣を一緒に眺めるのがおすすめです。

金閣寺

金閣寺

晴れた日の金閣は特に美しいですね。

夕佳亭(せっかてい)から見下ろす金閣も見事ですよ。

なお、金閣寺の拝観料は400円です。

龍安寺

金閣寺から、きぬかけの道を15分ほど西に歩くと龍安寺に到着します。

龍安寺は、石庭と一緒に見る紅葉が味わい深いですね。

また、大きな池の鏡容池のほとりに植えられているカエデの紅葉も見事です。

龍安寺の中でも、特に情緒を感じるのが参道の紅葉です。

龍安寺

龍安寺

参道をゆっくりと歩いているだけでも、紅葉の美しさにうっとりとしますよ。

なお、龍安寺の拝観料は500円です。

仁和寺

龍安寺からさらに西に10分ほど歩くと仁和寺が現れます。

雄大な二王門をくぐり参道をまっすぐ進んで中門を過ぎると、真っ赤に色づいたモミジが参拝者を出迎えてくれます。

仁和寺

仁和寺

五重塔周辺、金堂周辺など、古都らしい建物の近くに多くのカエデが植えられているので、まさに秋の京都といった景色を見ることができます。

また、御殿の庭園越しに見る五重塔も見事ですね。

なお、仁和寺は境内に入るのは無料ですが、御殿の拝観には拝観料500円が必要です。

金閣寺、龍安寺、仁和寺の拝観は、どこもじっくりと見ておきたいところばかりなので、1ヶ所1時間はかかります。

きぬかけの道の移動時間が30分、京都駅との市バスの往復が1時間30分とすると5時間ですね。

お食事は、金閣の近くと仁和寺の中にお店がありますし、きぬかけの道沿いにも所々に飲食店を見かけます。

昼食時間まで入れると、紅葉狩りに要する時間は6時間ほどですね。

丸1日かかりますが、秋の金閣寺、龍安寺、仁和寺は、それだけの時間をかけても拝観する価値がありますよ。

京都の紅葉狩りコース