阿弥陀寺で見ごろが近づく紅葉・2021年

11月中旬に京都市上京区の本満寺に紅葉を見に行った後、寺町通を北に2分ほど歩き阿弥陀寺に参拝しました。

阿弥陀寺には、境内の中央にカエデが植えられており、晩秋になると紅葉します。

でも、紅葉を見られることを知っている人は少ないので、11月でも参拝者はほとんどいません。

深い赤色に色づいたカエデ

阿弥陀寺には、地下鉄の今出川駅から北東に約10分歩くと到着します。

京阪電車だと、出町柳駅から北西に徒歩約10分です。

山門の前にやってくると、頭上に青空が広がっていました。

山門

山門

阿弥陀寺は、織田信長のお墓があるお寺で、山門の前には、織田信長公本廟と刻まれた石柱が立っています。

織田信長校本廟

織田信長校本廟

境内に入ります。

本堂の前に植えられているカエデは、まずまず赤く色づいていました。

紅葉

紅葉

でも、まだ深みのある赤色で、見ごろには少し早い感じです。

枝先の葉は、きれいな赤色になっており、部分的に見ごろを迎えていました。

真っ赤なモミジ

真っ赤なモミジ

それでは、本堂にお参りをしましょう。

本堂と紅葉

本堂と紅葉

本堂前のカエデは、見る角度によって色づきが異なっていますね。

南側から上の方を見ると、茶色に近い色をしていました。

お地蔵さんの上の葉は、赤色のものも緑色のものも透明感がありました。

お地蔵さんと紅葉

お地蔵さんと紅葉

紅葉が進んでくると、葉が乾燥したようにパリパリになっていることがあるのですが、阿弥陀寺のカエデは、まだみずみずしさを保っています。

境内の北側に建つ庫裡と一緒に見る紅葉。

庫裡と紅葉

庫裡と紅葉

日当たりが悪い北側の葉は、まだ緑色でした。

青葉

青葉

本堂の横にもカエデが1本植えられており、こちらも、まだ紅葉の見ごろ前でした。

本堂横のカエデ

本堂横のカエデ

日差しが当たりにくいためか、本堂の前のカエデよりも、紅葉の進みが遅いです。

まだ全体的に見ごろ前でしたが、頭上に青空が広がっていたことから、紅葉が割ときれいに見えました。

青空と紅葉

青空と紅葉

紅葉が見頃を迎えたときは、青空を背景に美しい赤色になるんでしょうね。

晴れている日に見たい紅葉であります。

阿弥陀寺の紅葉は、11月23日頃に見ごろを迎えると思います。

これから、もっと冷え込んでくれば、より鮮やかなモミジが見られそうですよ。

私が阿弥陀寺を訪れた日には、参拝者は1人もいませんでした。

静かに紅葉を見たい方は、阿弥陀寺に参拝してはいかがでしょうか。

この後は、相国寺に紅葉を見に行きます。

なお、阿弥陀寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo