上京区一覧

亥年の初夏に参拝した護王神社・2019年

5月15日に京都市上京区の京都御苑の新緑を見た後、西隣に建つ護王神社に参拝しました。 護王神社の境内には、多くのイノシシがいることから、亥年の正月には多くの人が参拝に訪れます。 2019年も亥年だったため、1月は参拝者が多かったですね。 亥年の1月にイノシシいっぱいの護王神社に参拝・2019年 さすがに5月になっているので、参拝者は少なくなっているのではないでしょうか。

新緑の京都御苑を歩く・2019年

5月15日に丸太町通で葵祭の路頭の儀を見た後、京都御苑を散策しました。 初夏の京都御苑は、木々の青葉が美しく、ただ歩いているだけで清々しい気分になります。 時期的に旅行者や観光客の方が少ないので、のんびりと歩きやすいのも良いですね。

丸太町通で観覧した葵祭の路頭の儀・2019年

毎年5月15日は、京都で葵祭の路頭の儀が行われます。 葵祭の祭儀は、宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀の3つからなり、そのうち宮中の儀は、現在行われていません。 路頭の儀は、葵祭の祭儀の中で最も有名で、葵祭と言えば、この路頭の儀を思い浮かべる人が多いと思います。 午前10時30分に京都御所を出発した葵祭の行列は、下鴨神社へ向かい、その後、上賀茂神社を目指します。 ということで、今年は、河原町丸太町の交差点から葵祭の行列を見ることにしました。

千本釈迦堂の咲き始めの遅咲き桜・2019年

4月中旬に京都市上京区の千本釈迦堂に参拝しました。 千本釈迦堂は、3月下旬に見ごろを迎える早咲きの枝垂れ桜が有名です。 4月中旬だと、すでに枝垂れ桜は散っていますが、境内では、遅咲きの八重桜が咲き始め、4月下旬にかけて見ごろを迎えます。 今回の参拝は、そろそろ咲き始めているだろう八重桜を見ることが目的です。

妙覚寺と善明院の桜・2019年

4月上旬。 京都市上京区の西陣に建つ妙顕寺の桜を見た後、北に5分ほど歩き妙覚寺に参拝しました。 妙覚寺には、大門の前に数本の桜が植えられています。 訪れる人が少ないお寺なのですが、大門前の桜風景は美しく、春に西陣界隈を散策すると、つい立ち寄りたくなります。

妙顕寺の満開の桜・2019年

4月上旬に京都市上京区の本法寺の桜を見た後、東に3分ほど歩き妙顕寺(みょうけんじ)に参拝しました。 妙顕寺には、山門前や境内に多くの桜が植えられています。 桜の見ごろ時期は、3月の終わり頃から4月中旬です。 ソメイヨシノが咲いている4月上旬が特に美しいですね。

本法寺の満開の桜・2019年

4月上旬に水火天満宮の桜を見た後、堀川通を南に3分ほど歩き、本法寺に参拝しました。 本法寺の境内には、ソメイヨシノが多く植えられており、4月になると境内全体が薄紅色に包まれます。 今回の参拝は、満開になっているであろうソメイヨシノを見ることが目的であります。

水火天満宮の2本の枝垂れ桜が見ごろ・2019年

4月上旬。 京都市上京区の妙蓮寺の桜を見た後、堀川通を東に渡り水火天満宮に参拝しました。 水火天満宮は、境内が狭いのですが、2本の紅枝垂れ桜が植えられており、春に美しい姿を見せてくれます。 水火天満宮の紅枝垂れ桜は、1本が一重、もう1本が八重の花を咲かせます。 開花時期は、一重が3月末から4月上旬、八重が4月上旬から中旬です。 そのため、両方が一度に見ごろになっている姿を見るのは難しいんですよね。