北野天満宮の遅咲きの桜と新緑・2019年

4月中旬。

京都市上京区の北野天満宮に参拝しました。

北野天満宮は、梅が有名な神社ですが、境内には桜も数本植えられています。

遅咲きの桜が多く、毎年、ソメイヨシノが終わった頃から見ごろを迎えますね。

北野桜は咲き始め

京福電車の北野白梅町駅から東に5分歩き、北野天満宮の鳥居の前にやって来ました。

鳥居の前には、いつもタクシーが数台止まっており、お参りを済ませた旅行者や観光客の方を待っています。

鳥居をくぐり長い参道を北に進みます。

参道の途中に建つ楼門から、多くの参拝者が出てきます。

楼門

楼門

楼門をくぐると、天神さまの厄除梅干がありました。

天神さまの厄除梅干

天神さまの厄除梅干

1袋1,000円とのこと。

厄除梅干は以前からあったのでしょうか。

楼門の近くに置いてあるのを見たのは、今回が初めてです。

参道をさらに北に進み社務所の前にやって来ました。

ここには、北野天満宮でだけ見られる北野桜が植えられています。

北野桜

北野桜

北野桜の開花時期は、4月中旬で、見ごろになるのは4月20日前後です。

私が訪れた日は、北野桜はまだ咲き始めたばかりでした。

咲き始めは白色で、散り際に赤くなるのが北野桜の特徴です。

それでは、本殿にお参りをしましょう。

本殿

本殿

本殿に祀られているのは、学問の神さまの菅原道真です。

いつもながら、修学旅行生の姿が多いですね。

本殿の西側では、八重桜が白色の花をたくさん咲かせていました。

見ごろの八重桜

見ごろの八重桜

すでに京都市内では、ソメイヨシノが散り、お花見で訪れる人が少なくなっています。

そのため、これだけきれいに桜が咲いていても、周囲にほとんど人がいません。

紅梅殿船出の庭に植えられている八重紅枝垂れ桜は、そろそろ見ごろを終えようとしていましたよ。

紅梅殿船出の庭の八重紅枝垂れ桜

紅梅殿船出の庭の八重紅枝垂れ桜

御土居の新緑

境内の西側にある御土居の入り口付近にやって来ました。

御土居の入り口

御土居の入り口

御土居には、多くのカエデが植えられており、枝に若葉が付き始めていました。

北野天満宮は紅葉の名所なので、新緑もとても美しいです。

舞台から見る新緑

舞台から見る新緑

なお、北野天満宮では、4月20日から御土居の青もみじの公開が始まっています。

拝観料は500円。

期間は6月30日までです。

私が北野天満宮を訪れた日は、まだ青もみじの公開前だったので、御土居の中に入ることはできず、舞台から新緑を眺めるだけでした。

御手洗川(みたらしがわ)は、水が抜かれていました。

御手洗川

御手洗川

夏は、御手洗川に足を浸すと、とても気持ち良いですよ。

北門から境内を出ると、関山桜(かんざんさくら)が赤色の花を咲かせ始めていました。

咲き始めの関山桜

咲き始めの関山桜

関山桜は、遅咲きの八重桜の代表的な品種ですね。

4月中旬から下旬にかけて、京都では、いろんなところで関山桜を見ることができますよ。

この後は、平野神社に桜を見に行きます。

なお、北野天満宮の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo