養源院の参道で満開になった八重桜・2021年

4月初旬に京都市東山区の智積院に桜を見に行った後、西に3分ほど歩き養源院に参拝しました。

養源院には、本堂の玄関前に八重紅枝垂れ桜が植えられています。

また、参道にも、遅咲きの八重桜が植えられています。

2021年の京都では、3月16日にソメイヨシノが開花しましたが、その他の桜も、例年より開花が早まっています。

まだ4月初旬ですが、養源院でも八重紅枝垂れ桜と遅咲きの八重桜が、そろそろ咲いていることでしょう。

八重桜が満開

養源院の最寄り駅は、京阪電車の七条駅です。

駅からは、東に徒歩約5分で到着します。

市バスだと、「博物館三十三間堂前」で下車して南に徒歩約3分です。

今回は、智積院の参拝後だったので、七条通を西に歩き、養源院に向かいました。

左にハイアットリージェンシー京都を見ながら歩きます。

このホテルは、東山観光に便利な立地だなといつも思います。

近くに三十三間堂や京都国立博物館がありますし、北に行けば清水寺、南に行けば東福寺と、東山を代表する観光名所も徒歩圏内です。

養源院の山門の前に到着しました。

山門

山門

山門をくぐると、緩やかな上り坂の参道が現れます。

参道わきのカエデは、黄緑色の若葉を付けていました。

参道

参道

京都の桜は、散り始め、これからは新緑が美しい季節ですね。

まずは、山門の北側に祀られている弁財天にお参りです。

弁財天

弁財天

福徳財運のご利益を授かれるよう、お願いしておきましょう。

参道を進んでいくと、中ほどに八重桜が植えられています。

八重桜と新緑

八重桜と新緑

すでに八重桜は、真っ白な花をたくさん咲かせ満開の状態になっていました。

満開の八重桜

満開の八重桜

例年だと、4月10日以降に見ごろを迎えるのですが、今年は3月中に見ごろに入っていたようですね。

八重紅枝垂れ桜はほとんど咲かず

本堂の玄関の前にやって来ました。

こちらには、八重紅枝垂れ桜が2本植えられていますが、ほとんど咲いていませんでした。

八重紅枝垂れ桜

八重紅枝垂れ桜

まだこれから咲き始めるのかなと思ったのですが、枝にほとんどつぼみがなかったので、今年はこれ以上は咲きそうにありません。

枝先を見ると、申し訳程度に花が咲いていました。

八重紅枝垂れ桜と玄関

八重紅枝垂れ桜と玄関

養源院に限らず、今年の京都は、八重紅枝垂れ桜が不調なところが多いです。

天候不順が原因でしょうか。

今年は、桜が異常に早く開花しましたからね。

見上げると、まだ冬のような姿です。

手水屋と八重紅枝垂れ桜

手水屋と八重紅枝垂れ桜

八重紅枝垂れ桜がきれいに咲いていることを期待したのですが、残念です。

3月下旬から、いろんな場所で八重紅枝垂れ桜を観察していましたが、今年はつぼみが少なく変だなと思っていたんですよね。

八重紅枝垂れ桜がきれいに咲いているところもありますが、今年は残念な春になりました。

養源院には、ネコがいましたよ。

ネコ

ネコ

以前から、境内でネコを何匹も見かけるのですが、養源院で飼われているのでしょうか。

再び参道に戻ります。

そして、先ほど見た八重桜をもう一度観賞。

八重桜のアップ

八重桜のアップ

この八重桜が満開になっている姿を見られたので、良しとしましょう。

八重桜は、4月8日頃まではきれいに咲いていると思います。

この後は、法住寺に桜を見に行きます。

なお、養源院の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo