庭園の色付き始めの紅葉と山門付近の鮮やかな紅葉・蓮華寺

11月中旬の晴天の日。

京都市左京区の蓮華寺に参拝してきました。

蓮華寺は、近年、紅葉の名所として知られるようになったため、秋になると多くの観光客の方が訪れます。

境内は、それほど広くないのですが、カエデがたくさん植えられているので、紅葉の時期には一度は参拝しておきたいですね。

庭園の紅葉

蓮華寺には、叡山電車の三宅八幡駅から東に10分も歩けば到着します。

民家の隣にひっそりと建つ山門。

山門

山門

木々に囲まれた小さ目の山門が、都会の忙しなさを忘れさせてくれます。

山門をくぐってすぐの場所に拝観受付があります。

志納制となっており、400円を納めて玄関に進みます。

お寺の中に入り、書院へと進みます。

書院には、縁側から遠い場所に緋毛氈が敷かれてます。

その緋毛氈に座って庭園を眺めるのですが、室内の柱などが額縁風に庭園を切り取ったような景色を見せてくれます。

書院の奥から鑑賞する庭園

書院の奥から鑑賞する庭園

庭園の紅葉は、まだ色づき始めといった感じで、全体的に青葉が目立っていました。

縁側に出て庭園を眺めます。

縁側で見る庭園の紅葉

縁側で見る庭園の紅葉

真っ赤なモミジが見れるようになるには、あと1週間ほどかかりそうな感じですね。

池の中央にある亀島と奥にある鶴島。

亀島と鶴島

亀島と鶴島

本堂近くの紅葉も見ごろ前です。

本堂と紅葉

本堂と紅葉

池泉回遊式のきれいな庭園ですが、もっと紅葉が進んでから見に来た方が良かったですね。

手水鉢と紅葉

手水鉢と紅葉

まだ、真っ赤に色づく前ですが、苔の上にはモミジが散っていました。

苔の上に散ったモミジ

苔の上に散ったモミジ

山門付近の紅葉

庭園を鑑賞し、本堂にもお参りを済ませたので玄関から外に出ることに。

山門をくぐった時から気づいていたのですが、拝観受付付近は、紅葉がとてもきれいでしたよ。

山門付近の紅葉

山門付近の紅葉

庭園よりも日当たりが良いので、この辺りは紅葉が早いのかもしれません。

鎮守社の苔むした屋根と赤色や緑色の鮮やかなモミジが、よく調和しています。

苔むした屋根と色鮮やかなモミジ

苔むした屋根と色鮮やかなモミジ

日差しを浴びたモミジは、より鮮やかさが増します。

日差しを浴びたモミジ

日差しを浴びたモミジ

空を見上げるようにして見る紅葉は、太陽の光が透き通ってキラキラと輝いていましたよ。

鳥居と紅葉

鳥居と紅葉

真っ赤に紅葉した庭園を鑑賞したかったのですが、山門付近の紅葉がきれいだったのでお参りした甲斐がありました。

庭園の紅葉が見ごろになるのは、11月下旬でしょうね。

その頃には、山門付近のモミジは、かなり散っていそうです。

どちらの紅葉も見ごろの時に見たいのですが、一緒に見るのはちょっと難しいかもしれません。

なお、蓮華寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo