十輪寺は桜か紅葉見るならどっち?

京都市西京区の大原野に建つ十輪寺は、それほど大きくないお寺ですが、一度は参拝したいお寺です。

特に春の桜と秋の紅葉は見ておきたいですね。

でも、十輪寺はJR向日町駅からバスに長い時間揺られて行かなければならないので、交通の便がそれほど良いとは言えません。

桜も紅葉も見に行きたいところですが、あまり便利な場所に建っていないので、どちらか片方の季節にしかお参りできないという場合があるでしょう。

そこで、私が独断で十輪寺は桜と紅葉のどちらがおすすめかをこの記事で決定します。

十輪寺の桜

十輪寺には、桜がそれほど多く植えられていません。

それでも、桜の名所と言われているのは、なりひら桜と呼ばれる立派な枝垂れ桜が植えられているからです。

しかも、植えられている場所が変わっていて、高廊下、茶室、御殿に囲まれた三方普感の庭にあります。

外から見たなりひら桜

外から見たなりひら桜

満開になった時には、枝垂れ桜の枝先までたくさんの花を付けます。

長く伸びた枝は、屋根を超えて庭の外にまで達します。

屋根をまたぐように咲く桜の花。

溢れだすようななりひら桜

溢れだすようななりひら桜

このような光景は、枝垂れ桜ならではですね。

境内の裏側の山に登り、そこから境内を見下ろすと、なりひら桜が建物に囲まれてたくさんの花を咲かせているのがわかります。

山から見下ろすなりひら桜

山から見下ろすなりひら桜

このような景色を見れるのは、京都市内では十輪寺だけでしょうね。

また、なりひら桜は、下から見上げるように観賞するのもおすすめです。

縁側に寝転んでお花見してください。

見上げるなりひら桜

見上げるなりひら桜

まるで、空から桜の花が降り注いでいるようです。

十輪寺の紅葉

次は十輪寺の紅葉を見ていきましょう。

十輪寺は、境内から入口方向に向かって、赤く染まったモミジとその後ろにある背の高いイチョウの黄葉を一緒に眺めるのがおすすめです。

境内から見る紅葉

境内から見る紅葉

お寺の周辺には、のどかな景色が広がっているので、都会的な建物が目に入りません。

山の中にひっそりと佇むお寺。

十輪寺はまさにそんな雰囲気を持っています。

本堂の前は比較的日当たりが良いためか、モミジが鮮やかな赤色に色づきます。

本堂前のモミジ

本堂前のモミジ

鐘楼と一緒に見る紅葉は、秋の深まりを感じさせ、どことなくもの悲しい雰囲気が漂っています。

鐘楼と紅葉

鐘楼と紅葉

裏山から眺める紅葉。

山から見下ろす紅葉

山から見下ろす紅葉

背後の山々と一緒に眺める紅葉は、自然の美しさも同時に楽しむことができます。

それでは、十輪寺は、桜と紅葉のどちらがおすすめかを決定します。

普段、都会で生活している人には秋の紅葉をおすすめしたいのですが、桜の勝利としましょう。

やはり、建物に囲まれて花を咲かせるなりひら桜は、他ではなかなか見ることができない桜風景ですからね。

なりひら桜が花を咲かせている姿を見るためだけに十輪寺に訪れても損はないでしょう。

ぜひ、十輪寺には春の桜の季節に参拝してください。

また、時間に余裕があれば、他の季節にもお参りしてください。

宿泊



京都桜photo