十輪寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

十輪寺(なりひら寺)

十輪寺

由緒

十輪寺は、嘉祥3年(850年)に文徳天皇の女御の染殿皇后が、安産祈願のために恵亮を開山として創建したのが始まり。山号は小塩山(おしおざん)。天台宗の単立寺院。

以後、勅願所として栄えたが、応仁の乱(1467年)で焼失する。

寛文年間(1661〜1673年)に藤原定好(ふじわらのさだよし)が再興し、藤原常雅によって堂宇が整備された。

なお、十輪寺は、在原業平が晩年隠棲したことから「なりひら寺」とも呼ばれている。

ご利益

子授け、安産

三方普感の庭

三方普感の庭

寛延3年(1750年)に藤原常雅が本堂を再建した時に造られた三方普感の庭。

不迷梵鐘

不迷梵鐘

寛文6年に造られた不迷梵鐘(まよわずのかね)。

塩竃の跡

塩竃の跡

在原業平が塩焼きを楽しんだ塩竃の跡。

十輪寺の所在地

〒610-1133
京都市西京区大原野小塩町481(地図

十輪寺への行き方

阪急バス「小塩」からすぐ

※拝観料400円が必要。

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
大原野神社
大原野神社
善峯寺
善峯寺
勝持寺
勝持寺
正法寺(石の寺)
正法寺(石の寺)
華厳寺(鈴虫寺)
華厳寺(鈴虫寺)
地蔵院(竹の寺)
地蔵院(竹の寺)