大原野神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

大原野神社

大原野神社

由緒

大原野神社は、長岡京遷都(784年)に際し、桓武天皇の皇后の藤原乙牟漏(ふじわらのおとむろ)が、藤原氏の氏神として奈良の春日社の神霊を勧請(かんじょう)したのが始まりとされる。

祭神は、建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いわいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比売大神(ひめおおかみ)。

平安遷都後の嘉祥3年(850年)に藤原冬嗣が社殿を造営し、都の守護神とした。

平安時代の中期になると、藤原氏の隆盛に伴い当社も繁栄する。

天皇や皇后からの崇敬も厚く、官祭の大原野祭には勅使が派遣され、また、伊勢斎宮や加茂斎院のように斎女が置かれた。

しかし、応仁の乱(1467年)で荒廃。

慶安年間(1648〜1652年)に後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の勅命により社殿が再建された。

ご利益

良縁、厄除、方除、交通安全

千眼桜

千眼桜

真っ白な花を咲かせる千眼桜。

瀬和井

瀬和井

清和天皇産湯の清水と伝えられている瀬和井(せがい)。大伴家持が愛飲したとも言われている。

鯉沢池

鯉沢池

奈良の猿沢池(さるさわのいけ)を模した鯉沢池(こいさわのいけ)。

大原野神社の所在地

〒610-1153
京都市西京区大原野南春日町1152(地図

大原野神社への行き方

阪急バス「南春日町」から徒歩約8分

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
十輪寺(なりひら寺)
十輪寺(なりひら寺)
勝持寺
勝持寺
華厳寺(鈴虫寺)
華厳寺(鈴虫寺)
正法寺(石の寺)
正法寺(石の寺)
善峯寺
善峯寺
地蔵院(竹の寺)
地蔵院(竹の寺)