秋の気配が近づく境内・真如堂

京都市左京区の吉田山のふもとに建つ真如堂は、9月になると萩が咲くことで知られています。

9月初旬。

まだ、少し時期的に早いかなとは思いましたが、真如堂に萩を見に行ってきました。

萩は咲きはじめ

真如堂の赤門前に到着。

萩の花が咲き始めていましたが、やはりまだ早すぎたようで、紫色の花がちらほらと見える程度でした。

赤門前の萩

赤門前の萩

近くの月極駐車場に真っ白な花を咲かせた萩がありましたが、中に入っていくのも何なので、外から眺めるだけにしておきました。

赤門に近づくと、カエデの葉が日差しを浴びてキラキラと輝いていました。

赤門前のカエデ

赤門前のカエデ

真如堂は紅葉の名所でもあるので、カエデが多く植えられています。

赤く染まったカエデもきれいですが、この時期の目に優しい緑色の葉も良いものです。

本堂脇で色付き始めたカエデ

赤門をくぐり、本堂に向かって真っすぐに進んでいきます。

途中、右手に三重塔が建っています。その近くには地蔵堂があります。

地蔵堂

地蔵堂

この中に祀られているのは、家内安全、福寿、延命などのご利益を授けてくれる鎌倉地蔵です。

鎌倉地蔵については、以下の過去記事で紹介していますので、ご覧になってください。

鎌倉地蔵の屋根の上には、ピンク色のサルスベリがたくさん咲いていました。

地蔵堂近くのサルスベリ

地蔵堂近くのサルスベリ

写真では小さくて、サルスベリがきれいに見えませんね。

このサルスベリの他にも近くに背の低いサルスベリが植えられており、きれいな花を咲かせていましたよ。

ただ、撮影しにくい場所にあったので、写真は撮っていません。

地蔵堂を過ぎ本堂に到着。

本堂

本堂

お参りを済ませ、本堂脇のカエデを見ると、下の方の葉が紅く色付いていました。

本堂脇のカエデ

本堂脇のカエデ

この葉から少しずつ全体が紅くなっていくのでしょうか。

まだ9月初旬なので、全体的に緑色の葉が目立つ状態でした。

紅葉の見ごろは2ヶ月以上先ですね。

本堂から境内を眺めると、爽やかな空が広がっていました。

境内から見上げた空

境内から見上げた空

夏の空のようにも見えますし、秋の空のようにも見えます。

その中間といった感じの色合いですね。

雲は入道雲のような真っ白さですが、もくもくと膨らんでいるような感じではありません。

最後に三重塔を撮影。

三重塔

三重塔

太陽に照らされて、少しモヤがかかったような写真になりました。

少しずつ秋の気配が近づきつつある真如堂の境内でした。

なお、真如堂の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo



コメント

  1. 50’A より:

    前回の真如堂にコメント書かせていただいたAです。まだまだ日差しは暑かったのではないかと・・。紅葉の季節は訪れる人が多すぎて、避けたいと思うので、また近じか行きたいなあと思いました。さるすべり、きれいですね。

    • Kyoto no T より:

      Aさん、こんにちは。
      私が真如堂に訪れた時は、最近では比較的涼しかったですが、それでも日差しは強かったですね。
      サルスベリはきれいに咲いていたのですが、写真だとうまく写せませんでした。
      実物はもっときれいですよ。

      真如堂は桜と紅葉の時期は人気ですね。
      今の時期はほとんど人がいないのですが。