インクラインで満開の桜を見る・2021年

3月下旬。

京都市左京区のインクラインに桜を見に行きました。

インクラインには、たくさんの桜が植えられており、毎年春になるときれいに咲きます。

普段は、訪れる人が少ないインクラインですが、桜の季節は、多くの旅行者や観光客の方たちで賑わいです。

2021年の京都の桜は、3月16日に開花したことから、インクラインでは、そろそろ見ごろとなっている頃です。

青空の下で見ごろを迎えた桜

インクラインの最寄り駅は、地下鉄の蹴上駅です。

駅からは、北に坂道を下りて行けばインクラインの中に入れます。

でも、駅から南に少し歩き、日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)の参道からインクラインに入るのがおすすめです。

インクラインの入り口にやって来ると、青空の下で、枝垂れ桜が見ごろとなっていました。

入り口付近の桜

入り口付近の桜

この枝垂れ桜は、以前はもっと枝が長かったのですが、切られたようです。

また、枝垂れ桜を支える木もなかったのですが、いつの間にか設置されています。

昨年の写真と比較すると、違いがわかりますよ。

枝垂れ桜を見た後は、北に向かい線路に向かいます。

線路の南端の近くにある広場のソメイヨシノは5分咲き程度でした。

広場の桜

広場の桜

インクラインの下を歩いている時は、風が吹くと、桜の花が舞っていたのですが、思ったほどは咲き進んでいない様子です。

線路にやって来ると、たくさんの旅行者や観光客の方で混雑していました。

満開の桜と観光客

満開の桜と観光客

やっぱり、春のインクラインは人気がありますね。

先ほどの広場の桜とは違い、線路脇の桜は、ほとんどが満開になっていました。

ヤマザクラも、きれいに咲いていますね。

山桜

山桜

インクラインに植えられている桜は、ほとんどがソメイヨシノなので、違う品種の桜があると違和感を感じます。

でも、ソメイヨシノばかりよりも、様々な品種の桜があった方が、見ていて飽きないですね。

桜の向こうに見えるのは、ウェスティン都ホテル京都です。

桜とウェスティン都ホテル京都

桜とウェスティン都ホテル京都

上の方の客室に泊まると、インクラインの桜並木がきれいに見えるんでしょうね。

高級ホテルなので、宿泊料金は高めですが、SPGアメックスカードを持っている方は、館内のサービスをお得に利用できますよ。

インクラインを北に向かって下りて行きます。

線路と桜

線路と桜

ある程度まで下りて来ると、一気に人が減ります。

桜の数も少なくなるので、途中で、インクラインの外に出る人が多いのでしょうね。

青空の下で見る満開の桜がきれいです。

青空と満開の桜

青空と満開の桜

インクラインの北の端までやって来ました。

インクラインの北側

インクラインの北側

この辺りで、インクラインから外に出ます。

インクラインの北には、京都市動物園があり、あちらでも桜が満開になっているようです。

桜と琵琶湖疏水

桜と琵琶湖疏水

仁王門通に架かる橋の上からインクラインの桜を見下ろします。

見下ろす桜

見下ろす桜

満開になった桜は、見下ろすと、より華やかに見えますよ。

インクラインの桜は、3月下旬に見ごろを迎えました。

ソメイヨシノは散り始めているものもありますが、3月いっぱいは見ごろを保っていると思います。

この後は、南禅寺に桜を見に行きます。

宿泊