日向大神宮を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

日向大神宮

日向大神宮

由緒

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は、清和天皇の勅願によって天照大神を勧請(かんじょう)したのが始まりとされる。

また、顯宗天皇(けんぞうてんのう)が創建したとも伝えられている。

祭神は、天照大神、多紀理姫命(たきりびめのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、多岐都姫命(たぎつひめのみこと)、天津彦火瓊々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)、天之御中主神(あめのみなかぬしのみこと)。

その後、応仁の乱(1467年)で社殿が焼失。

慶長年間(1596〜1615年)に徳川家康の寄進により再建されている。

内宮

内宮

天照大神、多紀理姫命、市杵島姫命、多岐都姫命を祀っている神明造の内宮。

外宮

外宮

天津彦火瓊々杵尊、天之御中主神を祀っている外宮。

神木

神木

昭和9年(1934年)の台風の影響で枯れた神木。清和天皇御手植えの神木と伝えられている。

天の岩戸くぐり

天の岩戸くぐり

開運厄除の神天の岩戸くぐり。

日向大神宮の所在地

〒607-8491
京都市山科区日ノ岡一切経谷町29(地図

日向大神宮への行き方

地下鉄蹴上駅から徒歩約15分

日向大神宮周辺の宿泊施設

地下鉄蹴上駅周辺のホテル一覧
地下鉄蹴上駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
永観堂(禅林寺)
永観堂(禅林寺)
銀閣寺(慈照寺)
銀閣寺(慈照寺)
金戒光明寺
金戒光明寺
真如堂
真如堂
南禅寺
南禅寺
金地院
金地院