閑院宮邸跡の床もみじと見ごろの紅葉・2019年

11月末に京都市上京区の京都御苑の紅葉を見て歩きました。

京都御苑の敷地内には、京都御所など、様々な建物があり、拝観することができます。

京都御苑内の南西にある閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)も無料で拝観可能で、展示物を見たり庭園を歩いたりできます。

晩秋は閑院宮邸跡の紅葉もきれいなので、立ち寄っておきたいですね。

床もみじ

閑院宮邸跡の最寄り駅は、地下鉄の丸太町駅です。

駅から京都御苑はすぐで、閑院宮邸跡までは徒歩約5分です。

閑院宮邸跡の門をくぐり、建物の入り口にやって来ました。

入り口

入り口

玄関で靴を脱ぎ、署名をして中に入ります。

閑院宮邸跡の中には、四季の京都御苑の見どころの解説があったり、京都御苑の歴史などを知ることができるパネルなどが展示されています。

建物の南側は収納展示室で、縁側からは庭園を鑑賞できます。

縁側から見る庭園

縁側から見る庭園

庭園は公卿の邸宅跡とあって、とても広いです。

今の時期は、収納展示室の中から紅葉を見るのもおすすめ。

収納展示室から見る紅葉

収納展示室から見る紅葉

窓から見えるモミジもきれいですが、床に映り込んだ庭園の景色も見事です。

隣の部屋に移動し、しゃがんだ状態から先ほどの部屋を見ると、床に映り込んだきれいな紅葉を楽しめますよ。

床もみじ

床もみじ

このような床もみじは、左京区の実相院瑠璃光院が有名ですが、閑院宮邸跡でも見ることができるのです。

しかも無料で。

閑院宮邸跡は、訪れる人が多くないですから、撮影の順番待ちもありませんよ。

庭園の紅葉

玄関に戻り、建物から外に出ます。

隣の京都御苑管理事務所前のカエデは、オレンジ色。

京都御苑管理事務所前の紅葉

京都御苑管理事務所前の紅葉

もう少しで赤く色づきそうです。

池のほとりのカエデは真っ赤に色づき、紅葉が見ごろとなっていました。

池のほとりの紅葉

池のほとりの紅葉

閑院宮邸跡の庭園の紅葉は、全体的にほぼ見ごろです。

庭園の紅葉

庭園の紅葉

まだこれからもっと赤くなりそうなカエデもありましたよ。

ドウダンツツジもきれいに紅葉しています。

ドウダンツツジの紅葉

ドウダンツツジの紅葉

庭園の西側までやって来ました。

ここのカエデは背が高く、上の方が鮮やかな赤色に染まっていました。

ベンチと紅葉

ベンチと紅葉

それにしても、京都御苑内の木々は、どれも背が高いですね。

閑院宮邸跡も立派な樹木が目立ちます。

見ごろの紅葉の隣には、葉を散らした木が見えます。

見ごろの紅葉

見ごろの紅葉

このモミジも散れば、京都も冬に入りますね。

閑院宮邸跡の紅葉は、12月5日頃までは見ごろを保っていそうです。

なお、京都御所の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊