実相院を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

実相院

実相院

由緒

実相院は、皇室関係者が入寺した門跡寺院で、寛喜元年(1229年)に静基(じょうき)が紫野に創建したのが始まり。山号は岩倉山。天台宗の単立寺院。

その後、五辻通小川に移転。応仁の乱(1467年)の際、現在地に難を逃れた。

現在の四脚門、車寄せ、客殿は、享保5年(1720年)に東山天皇中宮の承秋門院(しょうしゅうもんいん)から大宮御所の建物を下賜されたものである。

実相院の所在地

〒606-0017
京都市左京区岩倉上蔵町121(地図

実相院への行き方

叡山岩倉駅から徒歩約17分

※拝観料500円が必要。

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
石座神社
石座神社
円通寺
円通寺
妙満寺
妙満寺
三宅八幡宮
三宅八幡宮
蓮華寺
蓮華寺
岩倉具視幽棲旧宅
岩倉具視幽棲旧宅