大書院前で咲き誇る枝垂れ桜たち・妙満寺

4月上旬に京都市左京区の妙満寺に参拝しました。

妙満寺は、知る人ぞ知る桜の名所。

京都市中心部から離れていることもあって、桜の開花時期でも、お参りに訪れる人は少なめです。

強風に揺れる枝垂れ桜

私が妙満寺に訪れた日は、とても風が強く、空も曇ったり晴れたり、時には小雨がぱらぱらと降ったりと、忙しい天気でした。

叡山電車の木野駅から、南に10分ほど歩き、妙満寺の入口に到着。

入口

入口

山門をくぐり、境内に入ると、雪の庭の角に立派なヤマザクラがあります。

でも、訪れる時期が少し遅かったため、多くの花が散っており、華やかさがなくなっていました。

雪の庭のヤマザクラ

雪の庭のヤマザクラ

強風の影響もあるのでしょう。

風が吹くたびにひらひらと、桜の花びらが舞います。

山門をくぐり、右に曲がりまっすぐ進むと、大書院があり、その前に枝垂れ桜がたくさん植えられています。

枝垂れ桜も強風にあおられて、花がものすごい勢いで散っていきます。

大書院前の枝垂れ桜

大書院前の枝垂れ桜

空も薄暗くなり、さらに風の強さが増します。

そうかと思えば、風がピタッとやみ、空が明るくなる場面も。

その時に見た桜園の枝垂れ桜が、とても美しかったです。

桜園

桜園

全ての枝垂れ桜が同時に開花したのでしょうか、どれも同じくらいの咲き具合です。

咲きそろう枝垂桜

咲きそろう枝垂桜

強風で吹き飛ばされた雲の間から見える青空。

太陽に照らされた枝垂れ桜の美しい姿に見とれてしまいました。

太陽に照らされた枝垂れ桜

太陽に照らされた枝垂れ桜

強風でモヤが吹き飛ばされ、空気が澄んでいたのも、きれいな桜を見れた理由でしょうね。

でも、風が強すぎ、桜の枝が揺れ続けていたせいで、なかなかアップの写真を撮ることができません。

それでも、何枚かは、ボケずに写すことができました。

枝垂れ桜のアップ

枝垂れ桜のアップ

信行道場の前に植えられている立派な紅枝垂れ桜は、藤右衛門桜と呼ばれています。

散りゆく藤右衛門桜

散りゆく藤右衛門桜

この桜は、早咲きのため、終わりに近づいていました。

強風の影響もあったでしょうね。

満開になって、2日程度しか経ってないと思うのですが、半分以上の花を散らしていましたよ。

それにしても、桜園で並んで咲く枝垂れ桜はきれいですね。

並んで咲く枝垂れ桜

並んで咲く枝垂れ桜

ちょうど見ごろに訪れることができたようで、まだ、花が紅色を保っていましたよ。

枝垂れ桜は、終わりに近づくと、色が白くなりますが、そのような気配はありませんでした。

大書院の脇の枝垂れ桜も、早咲きのため、多くの花が散っていました。

大書院脇の枝垂れ桜

大書院脇の枝垂れ桜

風が強くなければ、まだ見ごろを保っていたと思うのですが、こればかりはどうしようもないですね。

本堂から見た比叡山

桜を見た後は、本堂にお参りです。

妙満寺の本堂は、東向きに建っており、そこから雄大にそびえる比叡山を望むことができます。

本堂からの眺め

本堂からの眺め

仏舎利塔とともに眺めると、まるで、外国に来たような気分になります。

妙満寺に参拝した時には、比叡山もしっかりと眺めておきたいですね。

比叡山

比叡山

なお、妙満寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

2014年4月6日追記

信行道場前の藤右衛門桜は、遅咲きだったようで、参拝した時は、実は咲き始めでした。見ごろを迎えるのは、4月中旬のようです。

訂正しお詫びいたします。

宿泊



京都桜photo