紅葉が見ごろを迎えた真如堂・2021年

11月下旬に栄摂院の紅葉を見た後、北に3分ほど歩き、真如堂を訪れました。

真如堂は、四季折々の風景を見られるお寺で、特に晩秋の紅葉が美しいと評判です。

毎年、紅葉が見ごろを迎える11月下旬になると、大勢の旅行者や観光客の方が足を運び、境内は大賑わいとなります。

境内全体が赤く色づいた真如堂

真如堂には、市バス停「錦林車庫前」から西に徒歩約5分で到着します。

境内の西側にある赤門の近くでは、まだ青葉が残っているカエデもありましたが、良い具合に紅葉が進んでいました。

赤門と紅葉

赤門と紅葉

そして、赤門をくぐった先は、赤色や黄色に色づいた木々の葉がいっぱい。

見上げる紅葉

見上げる紅葉

真如堂は、境内全体で紅葉が見ごろを迎えていました。

これだけきれいに紅葉していることから、観光客の方も大勢訪れており、境内は久しぶりに活気を取り戻していましたよ。

南に延びる参道脇の紅葉も見ごろです。

参道の紅葉

参道の紅葉

この辺りは、人が少なかったので無人の写真を撮影できました。

石段を上り、三重塔近くにやって来ました。

赤く輝くモミジに透けるように三重塔が見えます。

三重塔と紅葉

三重塔と紅葉

それでは本堂にお参りをしましょう。

本堂

本堂

三重塔近くにある手水屋の花手水。

花手水

花手水

水面に紅葉が映り込んできれいです。

最近、多くの寺社で花手水を見られるようになっていますが、真如堂は、他よりも質素に花を添えているのが特徴的です。

本堂の北側の廊下付近の紅葉も、日差しを受けてきれいな姿を見せてくれました。

廊下と紅葉

廊下と紅葉

一部の紅葉は散り始め、コケの上に降り積もっています。

散り紅葉

散り紅葉

この日は、曇ったり晴れたりの天気でしたが、しばらく真如堂にいる間、きれいな青空が広がり始めました。

境内

境内

三重塔の手前の花の木は、すでに葉をほとんど散らし、枝が目立つ状況です。

花の木の紅葉もきれいなのですが、今年は見ることができませんでした。

本堂の裏側の萬霊堂の近くは、まだ紅葉の見ごろ前です。

萬霊堂と紅葉

萬霊堂と紅葉

この付近は、日当たりが悪いため、毎年、遅くに見ごろを迎えます。

遅い年は、12月に入ってから見ごろになりますよ。

真如堂の紅葉は、11月28日までは見ごろを保っていそうです。

12月に入ってからも散り紅葉を楽しめますので混雑が苦手な方は、12月に訪れるのも良いでしょう。

この後は、法然院に紅葉を見に行きます。

なお、真如堂の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo