宗像神社で散り始めた桜・2021年

3月末に京都市上京区の京都御苑の桜を見た後、苑内に建つ宗像神社(むなかたじんじゃ)に参拝しました。

宗像神社に立ち寄る予定はなかったのですが、外から境内の桜がきれいに咲いているのが見えたので、少しばかりお花見していくことにしました。

散り始める桜

宗像神社には、地下鉄の丸太町駅から徒歩約5分で到着します。

南側に建つ鳥居の前にやって来ました。

鳥居

鳥居

鳥居をくぐると、北に向かって延びる参道沿いに植えられた桜がきれいに咲いていました。

参道

参道

でも、少し散り始めており、見ごろは後半に入っているようです。

参道を北に歩くと、彼岸桜も咲いていました。

彼岸桜

彼岸桜

この彼岸桜も、花が散ってきており、満開を少し過ぎた状態でした。

まだ3月なのに桜が散るのが早いですね。

例年だと、ソメイヨシノが咲き始めたばかりなんですけどね。

宗像神社のソメイヨシノは、満開を保っていました。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

少し花びらが舞っていましたが、申し分のない咲きっぷりです。

それでは、境内の奥に建つ本殿にお参りをしましょう。

本殿

本殿

祭神は、多紀理比売命(たぎりひめのみこと)、多岐津比売命(たぎつひめのみこと)、市岐嶋比売命(いちきしまひめのみこと)です。

3柱合わせて、宗像三女神(むなかたさんにょしん)と総称されています。

海産、生産、出産の他、運送に関係あるご利益を授けてくれますよ。

本殿の西側には、末社が3つ建っています。

末社の檜皮葺の屋根と一緒に見る桜に情緒を感じます。

末社と桜

末社と桜

向きを変えて、本殿と一緒に桜を眺めます。

本殿と桜

本殿と桜

木々の若葉もきれいですね。

境内の西側の鳥居近くに植えられている枝垂れ桜は、そろそろ見ごろを終えようとしていました。

枝垂れ桜

枝垂れ桜

まだ、花は多めでしたが、風が吹くたびに花びらが舞うので、そろそろ終わりが近いようです。

先ほど見た彼岸桜とソメイヨシノを一緒に眺めます。

彼岸桜とソメイヨシノ

彼岸桜とソメイヨシノ

こうやって縦に桜を並べてみると、華やかさが増しますね。

花山稲荷近くに植えられている背が低い八重紅枝垂れ桜も咲いていました。

八重紅枝垂れ桜

八重紅枝垂れ桜

でも、花数は少なかったです。

今年の京都は、八重紅枝垂れ桜の咲き具合が悪いです。

花がほとんど咲いていない八重紅枝垂れ桜もあります。

八重紅枝垂れ桜は、年によって咲き具合にむらがありますが、今年は外れのようですね。

宗像神社の桜を見終えたので、そろそろ境内から出ましょう。

この後は、京都地方裁判所に八重紅枝垂れ桜を見に行きます。

なお、宗像神社の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo