三条大橋から丸太町橋まで鴨川の桜を見て歩く・2021年

3月末。

鴨川の桜を見て歩きました。

鴨川には、たくさんの桜が植えられており、春になると川沿いの遊歩道を歩きながらお花見したくなります。

特に晴れている日は、見上げる桜が美しく、ただ歩いているだけで気分が和みます。

三条大橋から北に歩く

3月16日に開花したソメイヨシノは、満開を迎え、そろそろ散り始めています。

それでも、まだまだ華やかな姿を保っており、十分にお花見を楽しめます。

三条大橋から鴨川の遊歩道に下り、北に向かって歩きます。

鴨川沿いの桜

鴨川沿いの桜

川端通の歩道脇に植えられた桜が、美しいですね。

特に青空を背景に見るソメイヨシノは、心を浄化してくれるような美しさであります。

青空と桜

青空と桜

足元では、菜の花も咲いていました。

菜の花

菜の花

でも、少し寂しい姿になっていますね。

そろそろ菜の花の見ごろも終わりでしょうか。

対岸では、雪柳と桜が見えます。

雪柳と桜

雪柳と桜

鴨川では、散歩している人やジョギングをしている人がいますが、遊歩道が混雑することはありません。

川端通の歩道に上がります

歩道の隣には、琵琶湖疏水が流れています。

川端通の桜

川端通の桜

疏水と一緒に見る桜もきれいですよ。

ソメイヨシノに混ざってオオシマザクラも咲いていました。

大島桜

大島桜

オオシマザクラは、緑色の葉が目立ち始めており、そろそろ見ごろが終わりそうです。

二条大橋近くまでやって来ました。

奥には、ザ・リッツカールトン京都が見えます。

桜と二条大橋

桜と二条大橋

どこまで行っても、桜が咲いています。

満開の桜を見ていると、このまま散らないのではないかと思ってしまいます。

でも、そよ風が吹いただけで、花びらが舞います。

あまり強い風は、吹いて欲しくないですね。

二条大橋を過ぎると、満開の桜並木が薄紅色の天井を作っていました。

満開の桜の天井

満開の桜の天井

桜をじっくりと見るため、歩道をゆっくりと歩きます。

鴨川と一緒に見る満開の桜。

鴨川と桜

鴨川と桜

鴨川沿いに植えられているソメイヨシノは、背が高いものが多いので、満開になると見ごたえがあります。

冷泉通にやって来ました。

横断歩道の向こうでも、桜が満開です。

冷泉通の桜

冷泉通の桜

横断歩道を渡ると、岡崎疏水沿いにたくさんの桜が植えられていますよ。

今回は、岡崎疏水にはいきませんでしたが、遠目でも、桜がきれいに咲いているのがわかりました。

丸太町橋までやってきたところで、鴨川の桜の観賞を終えました。

鴨川沿いのソメイヨシノは、3月末で満開を保っていました。

この様子だと、4月4日までは、何とか見ごろを維持していそうです。

この後は、京都御苑に桜を見に行きます。

宿泊



京都桜photo