正法寺で静かに満開になった桜・2021年

3月下旬に京都府八幡市の背割堤に桜を見に行った後、南に25分ほど歩き、正法寺(しょうぼうじ)を訪れました。

正法寺は、普段、本堂は非公開ですが、境内に入ることはできます。

境内には、桜が数本植えられており、春になると一斉に開花します。

2021年の京都の桜の開花は早かったので、そろそろ正法寺の桜も見ごろになっている頃です。

満開の桜

正法寺の最寄り駅は、京阪電車の石清水八幡宮駅です。

駅からは、南に徒歩約15分で正法寺に到着します。

石清水八幡宮駅から南に少し歩いたところに安居橋(あんごばし)が架かっています。

安居橋付近では、桜が満開になっていました。

安居橋と桜

安居橋と桜

この辺りも、人気の桜スポットですね。

駅から10分ほど南に歩くと、紅葉寺で有名な善法律寺が建っています。

善法律寺の門前の枝垂れ桜も満開であります。

善法律寺の枝垂れ桜

善法律寺の枝垂れ桜

善法律寺から5分ほど南に歩き、正法寺の入り口に到着。

入り口

入り口

山門をくぐると、満開のソメイヨシノが出迎えてくれました。

境内

境内

山門からまっすぐ西に進むと唐門が建っています。

唐門の近くのソメイヨシノも満開です。

唐門付近の桜

唐門付近の桜

境内の南側のソメイヨシノも、良い具合に咲いていますね。

境内の南側の桜

境内の南側の桜

この日、善法律寺には、私の他に1人しかいませんでした。

普段から人が少ないお寺なのですが、桜が満開になっても、観光客が増加することはありません。

鐘楼と一緒に見る桜。

鐘楼と桜

鐘楼と桜

本堂へと続く門の近くの桜も満開。

門と桜

門と桜

正法寺には、枝垂れ桜も植えられていますが、ほとんどがソメイヨシノです。

そのため、1本が咲き始めると、他のソメイヨシノも開花し、満開になるのもほぼ同じ時期です。

本堂近くの桜がきれいです。

本堂と桜

本堂と桜

大きな大仏が祀られている法雲殿と一緒に見る桜。

法雲殿と桜

法雲殿と桜

少し離れた場所から眺める唐門と桜も見事です。

唐門と桜

唐門と桜

境内から外に出て坂道を上ります。

大きな本堂の屋根を見下ろしながら見る桜もきれいでしたよ。

屋根と桜

屋根と桜

正法寺は、4月3日と4日に本堂の特別公開が行われます。

また、4月3日は、夜間拝観も実施され、ライトアップされた桜を見ることができますよ。

私も、以前に正法寺の桜のライトアップを見たことがありますが、とてもきれいでした。

八幡市に観光で訪れた際は、ぜひ、正法寺にも立ち寄ってください。

なお、正法寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。



京都桜photo