梅雨の建仁寺境内を歩く・2019年

7月初旬に京都市東山区に建つ建仁寺に参拝しました。

建仁寺は、繁華街の祇園の近くにありながら、旅行や観光で訪れる人が比較的少ないお寺です。

そのため、いつ訪れても境内が混雑することがありません。

混雑しないのは、境内が広いことも理由なんですけどね。

梅雨の建仁寺の風景

建仁寺の最寄り駅は、京阪電車の祇園四条駅です。

駅からは、南東に5分ほど歩くと西側の入り口の惣門に到着します。

今回は、北東角にある北門から境内に入ることにしました。

北門

北門

北門が建つ辺りは、祇園らしい町並みが残っており、よく海外からお越しの方々が記念撮影をしていますね。

北門をくぐり、参道を西へ進みます。

境内の中央やや北側に建つ大きな建物は法堂(はっとう)です。

法堂

法堂

拝観料を納めれば、法堂の中に入れますが、今回は境内を歩くだけにしました。

法堂の天井には、大きな龍が描かれているので、初めて建仁寺を訪れる方はぜひ法堂も拝観してください。

法堂から南に進むと三門が建っています。

その三門の近くのコケが、みずみずしい緑色をしていましたよ。

コケ

コケ

梅雨になると、コケが生き生きして見えますね。

境内の東側には、いくつか石碑がありますが、その中で最も目立つのが茶碑です。

茶碑

茶碑

建仁寺を創建した栄西(ようさい/えいさい)禅師は、宋に渡り、お茶を日本に伝えた茶祖とされています。

ちなみに右京区の高山寺には、日本最古の茶園があり、こちらも栄西禅師と関係があります。

茶碑の少し南に建つのは開山堂です。

開山堂

開山堂

これまで何度も建仁寺を訪れていますが、開山堂の中に入ったことはありません。

一般公開されたことがあるのかどうかも知りません。

三門の南側にやって来ました。

ここには放生池があり、ハスが植わっているのですが、まだ花は咲いていませんでした。

放生池

放生池

そろそろ咲いていても良さそうなものですが。

7月中旬になればハスの花を見ることができるでしょう。

開山堂の南に祀られている楽大明神にお参りをしましょう。

楽大明神

楽大明神

梅雨なので、アジサイも咲いているはずなのですが、境内のどこにあったかなと少し考え、そう言えば、北門近くにあったなと思い出しました。

ということで、北門の近くに建つ西来院の参道にやってきました。

やっぱり、参道脇でアジサイが咲いていましたよ。

参道脇のアジサイ

参道脇のアジサイ

でも、数はそれほど多くありません。

そして、木々に囲まれて、アジサイは目立ちません。

花はみずみずしさを保っていたので、あと1週間ほどはきれいに咲いていそうです。

境内の西側の参道。

参道

参道

ほぼ無人であります。

再び境内の南側にやって来ました。

境内の南側

境内の南側

曇っていたので、境内全体がうす暗かったですが、植物は水を得て元気になっているように見えましたよ。

建仁寺は、祇園から近いお寺なので、祇園界隈を訪れた際は、建仁寺にも、ぜひ足を運んでください。

なお、建仁寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo