初夏の真如堂の風景・2019年

5月上旬。

京都市左京区に建つ真如堂(しんにょどう)に参拝しました。

真如堂の境内には、多くのカエデが植えられており、今の時期はその新緑がとてもきれいです。

また、様々な植物も植えられていることから、初夏の花も楽しむことができます。

初夏の花咲く境内

真如堂は、市バス停「錦林車庫前」から西に徒歩約5分の場所に建っています。

真如堂の境内には、西側の赤門から入りたいところですが、今回は、北側の入り口から境内に入ることに。

境内の北側

境内の北側

境内全体が緑に包まれています。

想像していたとおり、カエデが黄緑色の若葉をたくさん付けていますね。

ツツジは、花数が少な目でした。

ツツジ

ツツジ

本堂の右前に植えられているボダイジュは、深緑色の葉で覆われ、カエデの新緑とは違った趣があります。

本堂

本堂

それでは、本堂にお参りをしましょう。

本堂の近くでは、コデマリが、小さく真っ白い花をたくさん咲かせています。

コデマリ

コデマリ

見上げれば、藤の紫色の花。

藤

藤は、見ごろすぎといった感じで、終わりが近づいていました。

足元では、シャガも咲いていましたよ。

シャガ

シャガ

真如堂境内は、様々な初夏の花が咲いていました。

苔と新緑

私が真如堂を訪れた日は、三重塔が本格的な工事に入っていました。

工事中の三重塔

工事中の三重塔

いつもなら、三重塔を遠目に眺めるのですが、しばらくはその姿を見れそうにありませんね。

三重塔の下に建つ手水屋では、手水鉢に初夏の花が飾られていました。

手水鉢に飾られた初夏の花

手水鉢に飾られた初夏の花

手前の真っ白な花はコデマリ、一番奥には先ほど見たコデマリ、そして、中ほどにシャガが添えられています。

初夏の花が添えられた手水鉢は、この時期ならではの爽やかさがありますね。

本堂の裏側へ廻ります。

本堂裏の地面には、コケがいっぱい敷かれています。

コケと新緑

コケと新緑

頭上には、カエデの新緑がいっぱい。

上も下も、緑色がとても美しいです。

真如堂は、これだけ多くのカエデが植えられていますから、秋の紅葉も美しいです。

そのため、紅葉の時期は人がとても多いのですが、初夏はほとんど人がいません。

ちなみに真如堂の紅葉の写真は、京都紅葉photoの以下のページをご覧ください。

本堂裏の新緑を見た後は、南に歩きます。

振り返ると、新緑の奥に大きな本堂の屋根が見えましたよ。

新緑の奥の本堂

新緑の奥の本堂

初夏の真如堂の境内は新緑がとてもきれいでした。

これから梅雨に入ると、真如堂では、ボダイジュアジサイ夏椿も見ることができますよ。

なお、真如堂の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo