京都の紅葉狩りコース-天龍寺、常寂光寺、二尊院編

京都市右京区の嵐山は、旅行者や観光客に人気の観光地で、秋になるとたくさんの人が訪れます。

嵐山に多くの人が訪れるのは、たくさんの紅葉の名所があり、しかも、それぞれの紅葉の名所がとても美しいことが理由です。

一度でも、嵐山に紅葉狩りに行ったことがある方なら、また来たいと思うことでしょう。

嵐山の中でも、天龍寺、常寂光寺、二尊院は特に人気があって人が多いのですが、それでも見事な紅葉を見れるので拝観しておきたいですね。

天龍寺

京都駅から嵐山に行くにはJRに乗車するのが便利です。

嵯峨嵐山駅までは約15分ほどです。

そして、嵯峨嵐山駅から天龍寺までは、西に徒歩約10分です。

天龍寺の総門をくぐると、長く延びた参道がありますが、その参道わきの紅葉がとても鮮やかで、境内に入らなくても十分に楽しめます。

でも、天龍寺に来たからには、庭園を拝観せずに帰るのはもったいないです。

天龍寺の庭園には、曹源池と呼ばれる大きな池があり、その周囲で色づいた木々の葉が水面に映る姿が見事です。

天龍寺

天龍寺

庭園全体に多くのカエデが植えられており、また、様々な種類の木々もあるので、11月になると赤色、オレンジ色、緑色と様々な色が混ざり合った紅葉風景を楽しめます。

丘の上から見下ろす景色も見ておきたいですし、紅葉した嵐山を借景にした庭園もじっくりと味わいたいですね。

なお、天龍寺の拝観料は500円で、追加で300円納めると諸堂拝観もできます。

常寂光寺

天龍寺の次は、北西に10分ほど歩いて常寂光寺に向かいましょう。

常寂光寺は、参道の両脇にたくさんのカエデが植えられており、11月になると紅葉のトンネルができあがります。

常寂光寺

常寂光寺

境内は、山の斜面にあるので、山を登るようにお堂や紅葉を見ていきます。

全体的に木々が多いので、まるで自然の山の中で紅葉狩りをしているような気分になりますよ。

多宝塔付近から眺める京都市街の風景もおすすめです。

晴れた日には、遠くに比叡山も望むことができます。

なお、常寂光寺の拝観料は500円です。

二尊院

常寂光寺から北に5分ほど歩いた辺りに二尊院が建っています。

二尊院も総門の奥に続く参道の両脇に多くのカエデが植えられています。

そのため、二尊院の参道は、紅葉の馬場と呼ばれています。

境内にも比較的多くのカエデが植えられており、秋が深まると、境内のどこでも紅葉を楽しめるようになります。

二尊院

二尊院

また、二尊院も常寂光寺と同じように山の斜面にあるので、境内から京都市街を眺めることができます。

秋色に染まった京都市街を見れるのも、この辺りの寺院の特徴ですね。

なお、二尊院の拝観料は500円です。

天龍寺、常寂光寺、二尊院は、それぞれの拝観に1時間はかけたいですね。

30分ずつでも紅葉を楽しむことはできますが、じっくりと味わうならやはり1時間でしょう。

嵐山には多くのお店があるので、昼食に困ることはありませんが、人が多いので待ち時間が長くなるかもしれません。

京都駅との往復も入れると、5時間程度はみておいた方が良いですね。

関連記事