宇治の紅葉・2011年11月30日の状況

例年なら、そろそろ紅葉が見ごろを過ぎる時期ですが、2011年は色付きが遅かったため、まだ多くの観光名所で見ごろを保っています。

それどころか、まだ色付き始めたばかりというところも多い状態です。

11月30日に橋寺、興聖寺(こうしょうじ)、宇治神社、宇治上神社といった宇治市の紅葉の名所を訪れましたが、どこもこれから見ごろを迎えるところばかりでした。

橋寺

宇治市に到着して最初に訪れたのが橋寺です。

境内には、カエデとイチョウがそれぞれ1本ずつあります。

カエデの方は、かなり赤くなっていましたが、イチョウは黄緑色の状態で、黄金色になるにはあと数日かかりそうな感じでした。

橋寺のイチョウ

橋寺のイチョウ

興聖寺

興聖寺は、参道の紅葉が有名なお寺です。

興聖寺の入口の紅葉

興聖寺の入口の紅葉

入口付近のカエデは、良い感じで色付いていたのですが、門をくぐると、参道はほとんど青葉の状態でした。

でも、竜宮門の近くまでやってくると、オレンジ色や赤色に色付いたカエデが多く、この付近だけは見ごろといった感じです。

参道の紅葉

参道の紅葉

興聖寺の紅葉は、全体的にまだ色付き始めたばかりといった状況だったので、見ごろを迎えるのは12月5日を過ぎてからになりそうです。

宇治神社

宇治神社の鳥居のそばのカエデは、かなり紅く色付いているものがありましたが、よく見ると、紅葉しているのは、一部だけでした。

宇治神社の境内

宇治神社の境内

本殿の前のカエデにいたっては、やっと、青葉から黄色く変化し始めた状態です。

本殿前のカエデ

本殿前のカエデ

この色付きからすると、見ごろを迎えるのは12月5日以降になりそうですね。

宇治上神社

世界遺産に登録されている宇治上神社は、上記3つの名所と比較すると紅葉が進んでいるようでした。

参道のカエデは、木の下の方の葉は緑色が残っていますが、上の方は鮮やかな赤色に色付いていました。

宇治上神社の参道の紅葉

宇治上神社の参道の紅葉

ただ、門の近くのカエデは、日当たりが良くないせいか、全体的に薄いオレンジ色といった状況です。

この葉が真っ赤に色付くのは、まだ先のようですね。

入口付近の紅葉

入口付近の紅葉

門をくぐり境内に入ると、左側にカエデが植えられています。

こちらのカエデは、日当たりの良い上の方の葉は紅葉が進んでいます。

ただ、陰になりやすい部分は、黄色やオレンジ色の状態で色付きが遅いですね。

境内の紅葉

境内の紅葉

宇治上神社の紅葉は、これからの気温にもよりますが、12月3日くらいには見ごろといえる状態になりそうです。

以上、宇治市の主な紅葉の名所を見てきましたが、全体的に見ごろは、12月第2週になりそうな感じでしたね。

宿泊



京都桜photo