雨にも負けない近衛邸跡の桜・京都御苑

もう駄目かもしれない。

3月20日から22日までの3連休に見ごろを迎えた京都御所の北側にある近衛邸跡の糸桜だったのですが、23日から25日までの3日間連続で京都は雨が降ったせいで、26日には散ってしまっている可能性が高い状況でした。

しかし、行ってみないとわからないため、26日に近衛邸跡を訪れることにしました。

天気予報は曇り、しかし、到着すると雨が

3月下旬の3連休に見ごろを迎えていたという情報は、「しげじのお遊び’s blog」さん、「ねこづらどき」さん、「ふぉっとする京都」さんのブログを読んで知りました。

皆さん、情報の入手が早く、しかも、フットワークが軽いですね。

今年は、どこの桜も開花が早く、ゆっくりしていると見逃してしまいそうです。

本日26日の京都の天気は曇りの予報。

晴れている日に桜を観たいのですが、晴れの日を待っていたのでは、いつになるかわかりません。

なので、曇りではありますが、お花見を決行。

そして、近衛邸跡に到着してみると枝垂れ桜が満開でした。

近衛邸跡の満開の枝垂れ桜

近衛邸跡の満開の枝垂れ桜

京都御苑に来るまでに他の桜の名所を何箇所か廻ってきたのですが、ほとんどがつぼみの状態。

こんなに早い時期に満開になっているのは、珍しいと思います。

それにしても曇っているせいか、肌寒いです。

まさかコートを着て桜を観に行くとは思いませんでした。

しかし、3連休以降、冬に逆戻りしたかのような寒さのおかげで、3日連続の雨でも桜が散らなかったのかもしれません。

この寒さに感謝しないといけませんね。

いよいよ近衛邸跡の敷地内に移動です。

目の前は桜がいっぱい。

近衛邸跡の敷地内へ

近衛邸跡の敷地内へ

さあ、これから桜を観て廻ろうと思ったその瞬間、顔にポツリと当たるものが。

まさか、4日連続雨になるなんて。

今日は、傘を持ってきていないので、どこかで雨宿りをしようと辺りを見回すと、たくさんの方が枝垂れ桜の方に集まって行きます。

桜の傘で雨宿り

桜の傘で雨宿り

なるほど、枝垂れ桜の傘で雨宿りをするわけですね。

私もお邪魔します。

近衛邸跡に住む猫

近衛邸跡に住む猫

近衛邸跡に住んでいる猫も雨宿り。

雨から一転、青空に

どうやら今日も1日雨になりそうな感じの空なので、雨脚が弱まったら、帰宅するしかなさそうです。

そんなことを15分ほど考えていると、曇っていますが雨が上がったので、近衛邸跡を少し観て帰ることにしました。

そして、全体を一通り観て廻った頃、何気なく空を見上げると、すごい勢いで雲が西から東に流されて行き、あっという間に青空に変わりました。

こんなことがあるのかと思いながら、鞄からカメラを取り出して、桜の撮影開始。

他の方も、ここぞとばかりに記念撮影を始めています。

晴れ出した空と桜

晴れ出した空と桜

さっきまでの曇り空とは一変、雲ひとつない青空です。

やっぱり、お花見は晴天の日に限りますね。

桜は抜けそうな青い空が似あいます

桜は抜けそうな青い空が似あいます

先ほどお世話になった枝垂れ桜には、もう雨宿りしている人はいません。

もう桜の傘で雨宿りする人はいません

もう桜の傘で雨宿りする人はいません

それにしても立派な桜です。

近衛邸跡の桜は、3月26日現在の状況から予測すると今月中は見ごろだと思われます。

天気のいい日を狙って、訪れてみてはいかがでしょうか。

宿泊




コメント

  1. まんぼう より:

    Kyoto no T さん こんにちは

    糸桜がまだ満開で良かったですね。

    青空をバックの桜花は一段ときれいに映りますね。

    暖かい日が続かない年は桜の開花期間が長くなると聞きましたが、そのとおりなんですね。

    • Kyoto no T より:

      まんぼうさん、こんにちは。
      3日連続の雨で散ってしまってると思ったのですが、まだ満開で本当に良かったです。
      3月も終わりだというのに京都は寒いですね。
      今年の桜は意外と長持ちするかもしれませんね。