紅葉し始めた乃木神社に参拝・2019年

11月上旬に京都市伏見区の乃木神社に参拝しました。

乃木神社は、明治時代の軍人の乃木希典(のぎまれすけ)を祀る神社なので、京都市内の神社の中では比較的新しく創建された神社と言えます。

乃木神社の境内には、割と多くのカエデが植えられているので、11月は境内全体で紅葉を楽しむことができます。

色付き始めのカエデ

乃木神社は、JR桃山駅から東に5分ほど歩いた辺りに建っています。

近鉄電車の桃山御陵前駅と京阪電車の伏見桃山駅からだと、東に徒歩約15分ですね。

乃木神社の入り口に建つ神門の前にやって来ました。

神門

神門

この神門は、樹齢3千年の台湾紅檜1幹で作られているそうです。

神門をくぐり境内に入ります。

左に進むと慰霊碑があり、その近くのカエデが紅葉していました。

慰霊碑と紅葉

慰霊碑と紅葉

全体的に深い赤色です。

11月に入っても、京都の最低気温が下がって来ないので、紅葉しても鮮やかな赤色になっていません。

これから気温が低くなれば、このカエデも透明感のある赤色になることでしょう。

参道を東に歩きます。

参道の色づき始めのカエデ

参道の色づき始めのカエデ

参道脇のカエデは色づき始め。

奥に見える建物は、拝殿で、ここから本殿に向かってお参りをします。

それでは、本殿にお参りをしましょう。

乃木神社には、本殿の他にも社があり、ご利益がとても面白いですよ。

乃木神社の紅葉は、11月上旬にしては色づきが早い感じです。

灯籠と紅葉

灯籠と紅葉

でも、見ごろにはまだ早いですね。

そして、どのカエデの葉も、深い赤色に染まっています。

乃木神社は、桃山に建っているため、境内から見える景色が自然でいっぱいです。

濃く色づくカエデ

濃く色づくカエデ

そして、参拝者がとても少ないので、静かに紅葉狩りをできます。

私が訪れた日で、最もきれいに紅葉していたカエデが、拝殿脇に植えられているカエデでした。

拝殿脇の紅葉

拝殿脇の紅葉

下の方は、まだ緑色が目立ちますが、上の方は見ごろに近いところまで紅葉が進んでいます。

こちらは、記念館脇に植えられているカエデです。

記念館脇の紅葉

記念館脇の紅葉

まだ見ごろ前ですが、まずまずの色付きです。

乃木神社には、桜の木も多く植えられています。

桜はカエデよりも紅葉が早く、乃木神社の桜の紅葉はちょうど見ごろとなっていました。

桜の紅葉

桜の紅葉

また、カエデ以外のその他の木も赤く色づいていましたよ。

神馬の前のカエデの枝先の葉が、日差しを浴びてきれいな赤色になっていました。

神馬と紅葉

神馬と紅葉

足元には、黄色い花を咲かせたツワブキ。

ツワブキ

ツワブキ

11月は、ツワブキもよく目にしますね。

記念館前のカエデは、色づき始めて間もないようです。

記念館と色づき始めのカエデ

記念館と色づき始めのカエデ

この辺りは、日当たりが良いので、気温が下がって来れば、美しい紅葉を見れますよ。

乃木神社の紅葉は、まだ色づき始めでしたが、京都市内の他の紅葉の名所よりも見ごろに入るのが早そうです。

11月15日以降に見ごろになりそうですね。

この後は、伏見桃山城に紅葉を見に行きました。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo