紅葉し始めの真如堂・2023年

11月中旬に京都市左京区の金戒光明寺に紅葉を見に行った後、北隣の真如堂(しんにょどう)に参拝しました。

真如堂も紅葉の名所として知られています。

紅葉時期には、大勢の旅行者や観光客の方が訪れ、紅葉の見ごろ時期は境内が特に賑わいます。

見ごろ前の紅葉

真如堂には、市バス停「錦林車庫前」から西に約5分歩くと到着します。

金戒光明寺の墓地から真如堂に向かうと、南東角から境内に入ることになります。

バス停からの場合も、この付近から境内に入るのが早いですね。

南東角には、多くのカエデが植えられていますが、まだ紅葉し始めの状況でした。

南東角の紅葉

南東角の紅葉

本堂裏側は、ほとんど紅葉していません。

法華塔と紅葉

法華塔と紅葉

この付近は、紅葉が遅めなので、毎年11月末から12月上旬にならないと赤くならないですね。

本堂の南側の参道を歩きます。

本堂わきの紅葉

本堂わきの紅葉

ちらほらと紅葉しているカエデは見られますが、まだ見ごろには早いです。

本堂からは、白色の善の綱が延びていました。

本堂

本堂

善の綱は、本堂の阿弥陀さまの右手に結ばれており、この綱を握ると阿弥陀さまと直接縁を結ぶことができます。

毎年11月中旬に善の綱を握ることができますよ。

私も、しっかり握り、阿弥陀さまと縁を結びました。

それでは、本堂にお参りをしましょう。

本堂の左前に植えられているカエデは、比較的紅葉が進んでいました。

紅葉と本堂

紅葉と本堂

でも、まだ赤色が鮮やかでないので、見ごろを迎えるのはもう少し先になりそうです。

三重塔と雨上がりの空。

三重塔

三重塔

この日は、午前中は曇っていましたが、その後、青い空が見られるようになりました。

真如堂にいる間、時折、小雨がパラパラと降ることもあり、晴れたり曇ったり忙しい天気でしたね。

三重塔の前に植えられている花の木は、上の方が紅葉していましたが、こちらもまだ見ごろ前です。

例年だと、花の木は、良い具合に紅葉しているのですが、今年は遅れているようです。

池の周囲の紅葉。

池と紅葉

池と紅葉

こちらも、もう少しで見ごろに入りそうですね。

見上げる三重塔とカエデ。

三重塔と紅葉

三重塔と紅葉

真っ赤に色づいたときに見たい風景であります。

三重塔の前の石段を下りて西に向かいます。

そして、振り返り参道を見渡します。

参道

参道

参道両脇のカエデも、まだ紅葉し始めたばかりですね。

晴れた空の下で見る紅葉がきれいなのですが、来る時期が少し早かったようです。

境内の西側に建つ赤門から外に出ます。

赤門とカエデ

赤門とカエデ

赤門の前のカエデは、ほとんど紅葉していません。

このカエデも、真如堂の中では遅くに色づくので、見ごろを迎えるのは11月末になりそうです。

真如堂の紅葉は、11月中旬で見ごろ前の状況でした。

紅葉が本格的に見ごろを迎えるのは、11月20日以降になりそうですね。

なお、真如堂の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊


7月の京都。 それは祇園祭の季節です。 祇園祭は、7月17日と24日の山鉾巡行が有名で、この2日だけが祇園祭と思われがちですが、実は7月1日から31日まで1ヶ月間行われています。 なので、7月に京都を訪れると、何かしらの祇園祭の行事を観覧できます。 しかし、祇園祭の日程や見どころを何も知らずに7月に京都を訪れても、なかなか祇園祭を楽しむことはできません。 そこで、今回の記事では、祇園祭の日程と見どころを紹介します。