京都の冬の夜をあたたかく照らすロームイルミネーションを見に行った・2018年

12月中旬。

京都市右京区のローム株式会社のイルミネーションを見に行きました。

ロームは、京都を代表するハイテク企業で、嵐山花灯路などのライトアップイベントにも協力しています。

そのロームは、毎年冬に本社周辺でイルミネーションを実施しています。

2018年は、11月22日から12月25日まで。

時間は、午後4時45分から10時まで行われているので、仕事帰りでも余裕を持って見に行くことができます。

光のプロムナード

ロームのイルミネーション会場は、JR丹波口から西に10分ほど歩いた辺りにあります。

西大路通を過ぎ、佐井通にやってくると、ロームの社屋近くの街路樹が暖色系の光をまとっていました。

南の入り口

南の入り口

佐井通の街路樹のイルミネーションは、光のプロムナードと呼ばれ、どの樹木も枝先まで、たくさんの電球が取り付けられていました。

光のプロムナード

光のプロムナード

秋が過ぎた後の街路樹は、葉が無くなり寂しい姿となりますが、夜の佐井通の木々は光の花がいっぱいです。

名倉公園

ロームの社屋の近くには、名倉公園があり、こちらもイルミネーションの会場となっています。

名倉公園

名倉公園

夜でも明るい公園で、子供たちが無邪気に遊んでいました。

ベンチには、青色の光の天井ができあがっていました。

青く光るベンチの屋根

青く光るベンチの屋根

なんともロマンチックなイルミネーションではないですか。

名倉公園では、縦長のパネルが8枚並べられ、音楽と共に光のグラフィックアートがパネルに映し出されます。

これは、光のカクテルガーデンと呼ばれるものです。

たくさんの輪

たくさんの輪

パネルは、高さ6メートル、横幅12メートルのLEDビジョンとのこと。

LEDビジョンの下には、高さ1メートルのLEDバーもたくさん立っており、LEDビジョンの映像と連動して光ったり消灯したりします。

たくさんの玉

たくさんの玉

以前にロームイルミネーションを見に行った時は、クリスマスらしい映像だったのですが、今年は玉や渦など、様々な光の動きが映し出されていました。

青白い光

青白い光

LEDビジョン全体がカラフルな光を放っています。

カラフルな光

カラフルな光

シンボルツリー

名倉公園を出て佐井通を北に進みます、

メタセコイアにも電球が取り付けられており、見上げると紅葉した木が、夜空を薄っすらと赤く染めていました。

佐井通と五条通の交差点にやって来ました。

ここでは、シンボルツリーのヤマモモの木が、まん丸い光に包まれていました。

陸橋から見るシンボルツリー

陸橋から見るシンボルツリー

交差点の向かい側から眺めると、シンボルツリーがとても大きく見えましたよ。

シンボルツリーと光のプロムナード

シンボルツリーと光のプロムナード

ローム本社のイルミネーションでは、土日祝日にホリデーイベントも開催されます。

プロのカメラマンに撮影してもらえる「イルミネーションスマイルフォト」やドアを開くと異次元の世界が待っている「不思議なきいろいドア」も登場します。

また、小川珈琲も出店するので、寒い夜でも体の中から温まるコーヒーやクラムチャウダーをいただけますよ。

ロームのイルミネーションは無料ですので、夜に京都にお越しの際は、ぜひローム本社にも立ち寄ってください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo