達磨寺法輪寺の晩秋の紅葉・2017年

11月末。

京都市上京区の達磨寺法輪寺に参拝しました。

達磨寺法輪寺は、その名のとおり、ダルマが有名なお寺です。

境内には、比較的多くのカエデが植えられているので、秋は紅葉も見ることができます。

庭園の紅葉

JR円町駅から北東に5分ほど歩き、法輪寺の山門前にやってきました。

山門をくぐって境内に入ると、奥に紅葉したカエデが数本見えます。

境内

境内

上の写真の右にある受付で庭園拝観を申込み。

拝観料は300円です。

お寺の方に案内されて本堂に上がります。

この後はひとりで自由に本堂へのお参りと庭園の鑑賞ができます。

本堂の東側に立つ十三重石塔の近くのカエデが真っ赤です。

紅葉と十三重石塔

紅葉と十三重石塔

法輪寺が建つ辺りは、京都市内でも比較的紅葉が遅めです。

11月末だと、紅葉が見ごろを終えているところも多いのですが、法輪寺はちょうど見ごろを迎えていました。

まずは本堂に入ってお参りです。

少しだけ空いた戸から覗き見るように庭園を眺めます。

真正面に紅葉を見れるようにカエデを植えているのか、絶好の眺めでしたよ。

本堂の中から見る紅葉

本堂の中から見る紅葉

縁側に出て庭園を鑑賞しましょう。

コケが敷かれた庭園に石組がいくつもあります。

そして、後ろに数本のカエデが植えられています。

庭園の紅葉

庭園の紅葉

そろそろ散り始めそうなモミジもありましたが、見ごろのモミジの方が目立っていましたよ。

私が縁側で庭園を鑑賞している間、他の参拝者は1人だけしかいらっしゃいませんでした。

その方も、すぐに本堂から立ち去ったので、きれいな紅葉をただ1人で見ることができました。

そろそろ紅葉狩りの時期が終わりに近づいていたこともあるでしょうが、もともと参拝者が少ないお寺なので、秋に紅葉を見に来る人も少ないのでしょう。

真っ赤なモミジ。

真っ赤なモミジ

真っ赤なモミジ

コケの上に少しモミジが散っていましたが見ごろです。

庭園の真ん中近くのカエデが、黄色く染まっているのもきれいでしたよ。

黄色いモミジ

黄色いモミジ

庭園を見た後は、本堂の裏側に建つ衆聖堂に入ります。

衆聖堂の2階には、横になった仏涅槃木像が安置されています。

お参りしておきましょう。

また、2階はキネマ殿となっており、堂内には多くの映画関係者の位牌があります。

位牌は600以上もあるそうで、尾上松之助、牧野省三、大河内伝次郎など有名な映画関係者の霊も祀られています。

境内の紅葉

衆聖堂を出て境内に戻ってきました。

衆聖堂の正面に達磨堂があるので、こちらにもお参りをしましょう。

達磨堂

達磨堂

その名のとおり、達磨堂には多くのダルマさんがいらっしゃいます。

たくさんのダルマ

たくさんのダルマ

当寺は、起き上がり達磨運動の根本道場でもあります。

先ほど入った衆聖堂です。

衆聖堂

衆聖堂

朱色と白色が特徴的なお堂です。

手前のモミジも真っ赤。

境内のダルマさんの後ろのカエデも庭園と同じように黄色のモミジになっていましたよ。

ダルマと紅葉

ダルマと紅葉

この日は、私の他に参拝されていた方は5人くらいでした。

おかげで晩秋の紅葉を静かに見ることができましたよ。

この後は、北野天満宮に紅葉を見に行きました。

なお、達磨寺法輪寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo