京都の桜散策コース-大覚寺、大沢池、佐野桜畑、宇多野ユースホステル編

京都市右京区の桜の名所は、嵯峨野や嵐山が有名です。

でも、嵯峨野の北に位置する北嵯峨の辺りにも、桜の名所がいくつかあります。

春は観光客や旅行者で非常に賑わう嵐山ですが、北嵯峨までお花見に訪れる人はそれほど多くありません。

なので、人ごみが苦手な方は、北嵯峨に桜を見に行くと良いですね。

北嵯峨の辺りで訪れたい桜の名所は、大覚寺、大沢池(おおさわのいけ)、佐野桜畑、宇多野ユースホステルです。

大覚寺と大沢池

京都駅からJRに乗車し15分ほど揺られると、嵯峨嵐山駅に到着します。

この駅で降りる人の多くは、西の嵐山方面へと向かいますが、その人の流れは無視して北へ歩きましょう。

すると、15分ほどで大覚寺の前に到着します。

大覚寺の入り口付近には、たくさんの桜が植えられており、4月上旬に満開となります。

玄関から建物内に入り、宸殿(しんでん)までやってくると、南の白砂が敷き詰められた庭園に1本の紅枝垂れ桜があります。

大覚寺

大覚寺

唐門と共に眺める紅枝垂れ桜は、とても風情がありますよ。

五大堂まで進むと、境内の東に広がる大沢池の周囲の桜を一望できます。

この眺めも、春に大覚寺に参拝した時には見ておきたいですね。

また、大沢池を散歩することもできます。

池の周囲をのんびりと桜を眺めながら歩いていると、何とも贅沢な時間を過ごしているように感じます。

大沢池

大沢池

なお、拝観料は500円で、大覚寺と大沢池の両方に入ることができます。

佐野桜畑

大覚寺から東に15分ほど歩き、広沢池(ひろさわのいけ)を少し過ぎたあたりに佐野桜畑があります。

ここは、有名な桜守の佐野藤右衛門さんの自宅です。

拝観料は必要ありませんが、個人の邸宅なので、騒々しくならないように静かに桜を観賞しましょう。

佐野桜畑で目立つのは枝垂れ桜ですが、その他にも珍しい品種の桜がたくさん植えられています。

佐野桜畑

佐野桜畑

おそらく、初めて佐野桜畑に訪れた人は、植えられているほとんどの桜を過去に見たことがないのでは。

早咲きの品種から遅咲きの品種までたくさんあるので、3月下旬から4月中旬までは、桜を楽しめますよ。

宇多野ユースホステル

佐野桜畑からさらに東に15分ほど歩くと、宇多野ユースホステルに到着します。

宇多野ユースホステルはその名の通り宿泊施設なのですが、4月上旬の桜の時期になると宿泊者以外の人にも敷地を開放し、桜を観賞させてくれます。

宇多野ユースホステル

宇多野ユースホステル

宇多野ユースホステルの敷地内の桜は非常に背が高いです。

まるでクスノキかと思うほどの大きさで、その堂々とした姿に圧倒されます。

また、駐車場付近にもたくさんのソメイヨシノが植えられているので、こちらも見ておきたいですね。

大覚寺、佐野桜畑、宇多野ユースホステルは、歩いて移動する時間がかかりますが、すべて廻るのに3時間程度あれば十分でしょう。

大覚寺と大沢池の拝観に1時間30分ほど、佐野桜畑と宇多野ユースホステルはそれぞれ30分ほどあれば見れます。

お食事できるお店は、大覚寺の近くにはありますが、その他の場所にはあまりありません。

なので、お弁当を持参しておいた方が良いでしょうね。

また、交通手段は、行きは京都駅からJRで嵯峨嵐山駅に行けます。帰りは宇多野ユースホステルから市バスに乗って京都駅に戻るのが良いでしょう。

宿泊

関連記事