船岡山の頂上で比叡山を背景に咲く桜

京都市中心部のやや北にある船岡山は、春になると、たくさんの桜が花を咲かせます。

公園になっているので、訪れるのは近所の子どもたちやそのお母さんたちが多いのですが、お花見を目的とした観光で、遠方から来る方もいらっしゃいます。

私が船岡山に桜を見に行ったのは4月初旬でした。

見晴らしの良い展望台から眺める比叡山

船岡山は、市バス「建勲神社前」から南に5分ほど歩いた辺りにあります。

それほど高い山ではないので、丘と言った方が良いくらいです。

なので、山頂に登るのも、それほど苦労しません。

船岡山の入口近くのソメイヨシノは、5分咲きから7分咲きといった感じでした。

船岡山の入口近く

船岡山の入口近く

下の写真の左に写っているのはヤマザクラです。

すでに盛りを過ぎて散り始めていました。

ヤマザクラとソメイヨシノ

ヤマザクラとソメイヨシノ

右に見える桜はソメイヨシノ。

こちらは見ごろに向かっている途中でしたよ。

遊歩道を歩き、山をゆっくりと登っていきます。

頂上へと続く道

頂上へと続く道

道の脇には、少し離れた間隔で、ソメイヨシノが何本も植えられています。

少し歩いては桜を見るということを繰り返しながら、徐々に山の上へと進んでいきます。

咲き始めのソメイヨシノ

咲き始めのソメイヨシノ

そして、遠くに比叡山を望むことができる見晴らしの良い広場に到着です。

見晴らしの良い広場

見晴らしの良い広場

この広場には、観光で訪れたと思われる団体さんがお花見をしていましたよ。

特に人気があったのが、ヤマザクラと比叡山を同時に見れる場所でした。

ヤマザクラと比叡山

ヤマザクラと比叡山

晴れた日に眺める比叡山は、とてもきれいです。

ヤマザクラは、散り始めていましたが、まだ見ごろを保っていましたよ。

早咲きの桜は見ごろ

比叡山を眺めた後は、ステージのある広場へ。

ここでは、早咲きの桜が満開となっていました。

早咲きの桜は満開

早咲きの桜は満開

ソメイヨシノよりも色が赤い桜です。

陽光桜ほどは赤くないですね。

ステージの近くからの眺め。

ステージと桜

ステージと桜

無人に近い状態だったので、桜をほぼ独り占めできましたよ。

山頂の桜

再び山頂に向かって歩きます。

もうほとんど頂上に近づいていたので、それほど歩かなくても目的地に着きました。

山頂では、背の低い枝垂れ桜が7分咲き程度まで開花していました。

頂上の枝垂れ桜

頂上の枝垂れ桜

こちらは、折れてしまった幹から花を咲かせているソメイヨシノ。

ソメイヨシノの古木

ソメイヨシノの古木

落雷に当たったのでしょうか。

どんな姿になっても花を咲かせている桜の木を見ると、生命力の強さを感じます。

崖付近で咲くソメイヨシノもワイルドですね。

崖の近くで咲くソメイヨシノ

崖の近くで咲くソメイヨシノ

先ほどの枝垂れ桜と崖付近のソメイヨシノを一緒に撮影。

枝垂れ桜とソメイヨシノ

枝垂れ桜とソメイヨシノ

山頂の桜は、それほど華やかではありませんでしたが、生命の偉大さを感じることができましたよ。

船岡山には、建勲神社(たけいさおじんじゃ)が建っています。

建勲神社も桜の名所なので、船岡山でお花見した後は参拝しておきたいですね。

宿泊



京都桜photo