智積院の梅・2017年

智積院の梅・2017年

3月上旬。 京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。 智積院の境内は、とても広く、季節ごとに様々な花を見ることができます。 2月中旬から3月中旬には、参道と金堂の裏でたくさんの梅が花を咲かせるので、この時期に参拝すると春の到来を感じます。

京都競馬場で咲き進む梅・2017年

京都競馬場で咲き進む梅・2017年

3月上旬。 京都市伏見区にある京都競馬場に梅を見に行ってきました。 3月は、京都競馬の開催はありませんが、土曜日と日曜日には競馬場内に入ることができます。 また、京都競馬開催中は入場料が200円必要ですが、京都競馬が開催されていない3月は無料です。

法住寺の見ごろ前の梅・2017年

法住寺の見ごろ前の梅・2017年

3月3日に京都市東山区の三十三間堂の春桃会(もものほうえ)に行った後、東隣の法住寺にも参拝してきました。 この時期の法住寺では、山門や龍宮門付近、境内で梅が花を咲かせます。 法住寺の梅の見ごろはもう少し後なのですが、それでも3月3日であれば、それなりに開花してるはず。 そんな期待を持って法住寺の前にやってきました。

三十三間堂の春桃会・2017年

三十三間堂の春桃会・2017年

桃の節句の3月3日。 全国各地で雛祭が行われる日ですね。 京都市東山区の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)でも、春桃会(もものほうえ)が行われました。 普段は拝観料が必要な三十三間堂ですが、春桃会の日は無料で参拝できます。 ということで、私も3月3日に三十三間堂を訪れました。

相国寺の見ごろの白梅・2017年

相国寺の見ごろの白梅・2017年

2月下旬に京都市上京区の京都御苑に梅を見に行った後、近くの相国寺に参拝しました。 相国寺にも、少ないながら梅の木が植えられており、そろそろ見ごろを迎えているはずです。 せっかく近くまで来たので、観梅を兼ねてお参りをして行くことに。

下御霊神社の満開の白梅・2017年

下御霊神社の満開の白梅・2017年

2月下旬。 京都市中京区の下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)に参拝してきました。 下御霊神社には、紅梅と白梅が1本ずつ植えられており、紅梅は開花が遅めですが白梅は今の時期に見ごろを迎えます。 私は、毎年のように下御霊神社に梅を見に行っています。 今年も、また梅の花が見たくなって下御霊神社を訪れました。

淀水路で開花した河津桜・2017年

淀水路で開花した河津桜・2017年

2月末。 京都市伏見区の淀水路に行ってきました。 淀水路には、早咲きの河津桜がたくさん植えられています。 開花時期は2月下旬で、見ごろを迎えるのは3月中旬ですね。 今回、淀水路を訪れたのは河津桜がどれくらい咲いているかを確認するためです。

京都御苑の梅とメジロ・2017年

京都御苑の梅とメジロ・2017年

2月下旬。 京都市上京区の京都御苑の梅林を見に行ってきました。 京都御苑の梅林には多くの梅の木が植えられており、2月中旬から少しずつ華やかになってきます。 梅の種類も豊富なので、様々な色の花を見ることができますね。

見ごろが近づく下鴨神社の光琳の梅・2017年

見ごろが近づく下鴨神社の光琳の梅・2017年

2月下旬。 京都市左京区の下鴨神社に参拝してきました。 この時期の下鴨神社では、御手洗川(みたらしがわ)のほとりに植えられている光琳の梅と呼ばれる紅梅が花を咲かせます。 光琳の梅の見ごろ時期は2月下旬から3月上旬なので、そろそろ良い具合に花が咲いているはず。