平安神宮の咲き始めの左近の桜・2019年

4月初旬に京都市左京区の金戒光明寺の桜を見た後、南西に15分ほど歩き平安神宮に参拝しました。 平安神宮は、神苑に多くの八重紅枝垂れ桜が植えられていますが、見ごろを迎えるのはソメイヨシノが終わる頃です。 まだ京都市内ではソメイヨシノが3分咲きから5分咲き程度しか咲いていないので、神苑の八重紅枝垂れ桜はほとんど咲いていないと思われます。 ただ、大極殿の右前に植えられている左近の桜は、そろそろ良い具合に咲いている頃でしょう。

哲学の道で開花した桜・2019年

4月初旬に京都市左京区の南禅寺の桜を見た後、北に7分ほど歩き、哲学の道を散策しました。 哲学の道は、桜の名所として知られており、ソメイヨシノを始め様々な種類の桜を見ることができます。 また、哲学の道周辺には南禅寺の他にも、いくつか桜の名所があり、それらの桜を見に行くついでに哲学の道を歩く人が多いですね。 特に海外からお越しの方に哲学の道は人気があるようです。

桜が開花した真如堂・2019年

4月初旬に京都市左京区の真如堂(しんにょどう)に参拝しました。 真如堂は、秋の紅葉が人気のお寺ですが、春の桜も美しいお寺です。 近年は、海外からお越しの方もよく訪れるようになっており、国内外の旅行者の姿を境内で見かけることが多くなっていますね。

南禅寺の見ごろ前の桜・2019年

4月初旬。 京都市左京区の南禅寺に参拝しました。 春の南禅寺では、多くの桜が花を咲かせます。 南禅寺は、秋の紅葉が有名ですが、桜も美しいお寺。 そのため、桜が咲く頃は、南禅寺を訪れる旅行者や観光客の方が、とても多いですね。

背割堤で咲き始めた桜・2019年

3月末。 京都府八幡市の背割堤(せわりてい)を訪れました。 背割堤は、近年、人気が高まっている桜の名所で、全国的にも行ってみたい桜の名所ランキングで上位に入るほど注目を集めています。 そのため、桜が咲く季節には、多くの旅行者や観光客の方が訪れ、その数は年々増え続けていますね。

養源院で満開になった山桜・2019年

3月下旬に京都市東山区の三十三間堂に桜を見に行った後、東隣に建つ養源院に参拝しました。 養源院は、秋の紅葉が美しいお寺として有名ですが、春には桜を愛でることもできます。 桜の数は多くありませんが、参道わきの芝生には立派なヤマザクラが植えられており、ソメイヨシノよりも一足早く見ごろを迎えます。