瑞光寺のサルスベリ・2019年

9月上旬に京都市伏見区の宝塔寺に参拝した後、南に3分ほど歩き瑞光寺を訪れました。 瑞光寺は、小さなお寺なのですが、茅葺屋根の本堂がとても味わい深く、一度は訪れて欲しいです。 特に秋に見る本堂に情緒を感じますね。

初秋の宝塔寺に参拝・2019年

9月上旬に京都市伏見区の石峰寺に参拝した後、南に5分ほど歩き、宝塔寺にも参拝しました。 宝塔寺は、広い境内を持つお寺なのですが、旅行や観光で訪れる人がほとんどいません。 伏見稲荷大社から歩いて行ける場所にあるのですが、そこから人が宝塔寺に流れてくることは、ほとんどなさそうです。

初秋に参拝した石峰寺・2019年

9月上旬に京都市伏見区にある伏見稲荷大社に参拝した後、南に10分ほど歩いて石峰寺(せきほうじ)を訪れました。 石峰寺は、今は小さなお寺で参拝者が少ないですが、かつては諸堂を完備した大きなお寺だったそうです。 街中にひっそりと建つ現在の石峰寺からは、往時の姿を想像できないですね。

初秋に参拝した伏見稲荷大社・2019年

9月上旬。 京都市伏見区の伏見稲荷大社に参拝しました。 伏見稲荷大社は、外国人旅行者に最も人気がある京都の観光名所です。 10年ほど前までは、初詣以外の時期は人が少なかったのですが、ここ数年でいつ訪れても大混雑している神社となりましたね。

東福寺に残る東司は室町時代のトイレ

京都市東山区の東福寺は、京都屈指の紅葉の名所として知られていますが、三門など諸堂も立派な建物ばかりです。 そのため、東福寺に参拝した時は、建物もしっかりと見ておきたいですね。 その東福寺の諸堂の中には、東司(とうす)と呼ばれる建物が建っています。 東司とは聞きなれない建物でありますが、実はトイレのことです。

清浄華院の法然上人御骨塔

8月下旬に京都市上京区の廬山寺(ろざんじ)に参拝した後、少し北に建つ清浄華院(しょうじょうけいん)にも参拝しました。 清浄華院は、浄土宗四ヵ本山に数えられる浄土宗のお寺です。 清浄華院には、年に数回お参りしますね。

夏の終わりを感じる廬山寺・2019年

8月下旬に京都市上京区の梨木神社(なしのきじんじゃ)に参拝した後、寺町通を挟んで東隣に建つ廬山寺(ろざんじ)を訪れました。 廬山寺は、源氏物語の作者の紫式部の邸宅跡と伝わる地に建つお寺です。 歴史的に興味深い場所にある廬山寺ですが、普段は旅行や観光で訪れる人が少なく、混雑することは滅多にありませんね。

晩夏の梨木神社に参拝・2019年

8月下旬。 京都市上京区の梨木神社(なしのきじんじゃ)に参拝しました。 京都の夏は徐々に終わりが近づいています。 梨木神社は、9月中旬に萩の花が見ごろを迎えることで有名な神社。 まだ萩の開花には早いですが、そろそろ梨木神社では秋の雰囲気を感じられる頃です。

下御霊神社のサルスベリ・2019年

8月中旬に京都市中京区の本能寺に参拝した後、北に10分ほど歩いて下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)を訪れました。 下御霊神社の境内には、白色のサルスベリと赤色のサルスベリが植えられており、夏になるときれいに花を咲かせます。 京都の夏は終わりに近づいていますが、まだ下御霊神社のサルスベリはきれいに咲いているだろうと思い、参拝していくことにしました。