金福寺の見ごろの紅葉と散り紅葉・2018年

11月中旬に京都市左京区の本願寺北山別院の紅葉を見た後、南に5分ほど歩き、金福寺(こんぷくじ)を訪れました。 金福寺が建つ一乗寺は、紅葉の名所として有名で秋になると多くの旅行者や観光客の方で賑わいます。 でも、金福寺は、秋でも比較的空いており、混雑することなく紅葉狩りを楽しむことができます。

本願寺北山別院の紅葉・2018年

11月中旬に京都市左京区の圓光寺(えんこうじ)の紅葉を見た後、南に10分ほど歩いて本願寺北山別院に立ち寄りました。 本願北山別院が建つ一乗寺は、紅葉の名所が多く、今の時期は旅行者や観光客の方がたくさん訪れるのですが、当院に参拝する人はほとんどいませんね。

圓光寺で見ごろが近づく紅葉・2018年

11月中旬に京都市左京区の一乗寺の詩仙堂に紅葉を見に行った後、北に5分ほど歩いて圓光寺(えんこうじ)に参拝しました。 圓光寺も、詩仙堂と同じく洛北を代表する紅葉の名所です。 境内には、十牛(じゅうぎゅう)の庭と呼ばれる庭園があり、地面に敷き詰められたコケと一緒に見る紅葉が特に美しいです。

詩仙堂の嘯月楼から見る紅葉・2018年

11月中旬。 京都市左京区の一乗寺に建つ詩仙堂に参拝しました。 詩仙堂は、初夏のサツキがきれいなことで有名ですが、秋の紅葉も美しいお寺です。 特に嘯月楼(しょうげつろう)と呼ばれる建物の中から眺める紅葉が見事で、11月になると多くの旅行者や観光客の方が、その紅葉風景を一目見ようと訪れます。

建仁寺境内の見ごろ前の紅葉・2018年

11月中旬に京都市東山区の大谷本廟の紅葉を見た後、北西に10分ほど歩いて建仁寺にお参りました。 建仁寺は京都で最も古い禅寺で、境内には、適度にカエデが植えられており、秋には紅葉を楽しむことができます。 建仁寺も、そろそろ紅葉し始めた頃だろうと思い、どれくらい色づいているかを確かめるために建仁寺に参拝した次第です。

参道が紅葉し始めた大谷本廟・2018年

11月中旬に京都市東山区の妙法院の紅葉を見た後、北に10分ほど歩き大谷本廟を訪れました。 大谷本廟は、西大谷とも呼ばれる西本願寺の廟所です。 参道には、割と多くのカエデが植えられており、11月になると紅葉した参道を歩こうと多くの観光客や旅行者の方が訪れます。

紅葉し始めた妙法院・2018年

11月中旬。 京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)の紅葉を見た後、北隣の妙法院にお参りしました。 妙法院は、天台宗の三門跡寺院に数えられる格式の高いお寺でありながら、誰でも気軽に参拝できます。 それなのに妙法院の境内は、混雑することがありません。 そのため、紅葉シーズンでも、落ち着いてお参りできるんですよね。

智積院の紅葉が見ごろに入った・2018年

11月中旬に京都市東山区の養源院に紅葉を見に行った後、そこから東に数分歩いて智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。 智積院は、広々とした境内に多くのカエデが植えられており、今の時期からきれいな紅葉を見られるようになります。 また、紅葉時期の京都は、とても人が多いのですが、智積院は他の紅葉の名所と比較すると人が少な目です。

紅葉し始めた養源院の参道・2018年

11月中旬。 京都市東山区の養源院に参拝しました。 養源院は、血天井の本堂が有名なお寺ですが、秋の紅葉も人気があります。 参道脇には、比較的多くのカエデが植えられており、秋が深まると、その紅葉を見に訪れる人が多いですね。

圓成寺と吟松寺で心静かに観賞する紅葉・2018年

11月中旬に京都市北区の鷹峯(たかがみね)に紅葉を見に行きました。 源光庵と常照寺の紅葉を見た後、光悦寺にも立ち寄るのが鷹峯での紅葉狩りの定番です。 しかし、私が訪れた日は、光悦寺で茶会が催されており拝観が休止されていました。 光悦寺の茶会は、11月10日から13日まで。 ということで、光悦寺では紅葉を見ることができず、その代わりに圓成寺(えんじょうじ)と吟松寺に紅葉を見に行きました。