京都府庁旧本館で咲き始めた枝垂れ桜・2019年

3月下旬に京都市中京区の六角堂に御幸桜を見に行った後、そこから北西に15分ほど歩き京都府庁を訪れました。 京都府庁では、毎年3月下旬から4月上旬にかけて旧本館で観桜祭が催されます。 2019年は、3月23日から4月7日までです。 旧本館の中庭では、観桜祭の期間に合わせるように桜が咲き、京都市内の他の名所とは一味違った桜風景を楽しめます。

本満寺の枝垂れ桜が見ごろ・2019年

3月下旬に京都市上京区の京都御苑で早咲きの枝垂れ桜を見た後、北東に10分ほど歩いて本満寺に参拝しました。 本満寺には、立派な枝垂れ桜が1本植えられており、毎年3月下旬に見ごろを迎えます。 以前は、桜の穴場だった本満寺も、近年、有名になってきて多くの観光客の方が春に訪れるようになっていますね。

京都御苑で見ごろを迎えた早咲きの枝垂れ桜・2019年

3月下旬に京都市上京区の京都御苑を訪れました。 京都御苑には、多くの種類の桜が植えられています。 それら桜の中でも、枝垂れ桜は、例年3月下旬に見ごろを迎えることから、今年もそろそろ良い具合に咲いているだろうと思い、早咲きの枝垂れ桜の様子を見に行くことにしました。

六角堂の御幸桜が見ごろ・2019年

3月下旬。 京都市中京区の六角堂に参拝しました。 六角堂の境内には、御幸桜(みゆきざくら)と呼ばれる枝垂れ桜が植えられており、京都市内でソメイヨシノが咲き始める頃に見ごろを迎えます。 ということで、今回の参拝は、そろそろ見ごろを迎えている御幸桜を見ることが目的であります。

梅まとめ2019年

3月も終わりが近づき、京都では、そろそろ梅が終わりかけています。 おそらく、今年は、もう梅を見に行くことはないでしょうね。 ということで、今回の記事では、今年見に行った梅を振り返ります。

菅原院天満宮神社の梅・2019年

3月中旬に京都御苑の梅を見た後、烏丸通を挟んで西側に建つ菅原院天満宮神社に参拝しました。 菅原院天満宮神社は、祭神として菅原道真が祀られています。 菅原道真が祀られている神社には、多くの場合、梅が植えられており、菅原院天満宮神社にも、もちろん梅の木が数本植えられていますよ。

下御霊神社で満開になった紅梅・2019年

3月中旬。 京都市中京区の下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)に参拝しました。 この時期の下御霊神社では、本殿の北側に植えられている2本の紅梅が見ごろを迎えます。 2本とも、とても背が高く存在感があります。 毎年3月になると、この2本の紅梅を見たくなるんですよね。

瑞泉寺の梅と五色八重散り椿・2019年

3月中旬に京都市中京区の瑞泉寺に参拝しました。 瑞泉寺の境内には梅が植えられています。 2月下旬に瑞泉寺の前を通りかかった時、山門の外から境内を覘くと、まだ梅の花は咲いていませんでした。 遅咲きの梅でも、さすがに3月も半ばとなれば開花しているだろうと思い、瑞泉寺の山門をくぐりました。

京都御苑で咲き始めた桃と満開の梅・2019年

3月中旬に京都市上京区の京都御所の特別公開を見た後、京都御苑内の桃林と梅林を見て歩きました。 桃林では、3月中旬から4月上旬にかけて多くの桃の花を咲かせます。 また、梅林では、2月上旬から3月下旬にかけて梅が咲き、そろそろ見ごろが終盤に入っている頃です。