五智山蓮華寺の遅咲きの桜・2019年

4月中旬に京都市右京区の仁和寺に御室桜(おむろざくら)を見に行った後、東隣に建つ五智山蓮華寺に参拝しました。 蓮華寺には、数は少ないですが、遅咲きの桜が植えられています。 見ごろ時期は、ソメイヨシノが終わりを迎える頃ですから、4月中旬は蓮華寺で良い具合に遅咲きの桜が咲いているはずです。

妙法院の終わりが近づく桜・2019年

4月中旬に京都市東山区の豊国廟に桜を見に行った後、妙法院に参拝しました。 妙法院には、八重紅枝垂れ桜が植えられており、毎年、4月中旬に見ごろを迎えます。 そろそろ八重紅枝垂れ桜が良い具合に咲いているだろうと思い、妙法院を訪れた次第です。

法住寺で満開になった八重紅枝垂れ桜・2019年

4月中旬に京都市東山区の養源院の桜を見た後、隣の法住寺にも参拝しました。 法住寺には、境内の中央に八重紅枝垂れ桜が植えられており、4月10日頃に見ごろを迎えます。 養源院に参拝する時は、法住寺にも参拝することが多いのですが、春に法住寺を訪れるのは久しぶりです。

養源院の遅咲きの桜と新緑・2019年

4月中旬に京都市東山区の養源院に参拝しました。 養源院には、3月下旬にもヤマザクラを見に訪れているのですが、今回は遅咲きの桜を見ようと思い再び養源院を訪れました。 養源院では、参道に真っ白な桜、本堂の入り口前に八重紅枝垂れ桜が植えられており、毎年4月中旬に見ごろを迎えます。

仁和寺で改元の年だけ見られる御室桜の風景・2019年

4月中旬。 京都市右京区の仁和寺(にんなじ)に参拝しました。 仁和寺には、御室桜(おむろざくら)と呼ばれる遅咲きの桜がたくさん植えられています。 京都のお花見は、この御室桜を見ないことには終われないと言う人もいるくらい美しい桜です。 御室桜の見ごろ時期は、毎年4月中旬で、ソメイヨシノが終わりを迎えた頃が最もきれいです。

建仁寺の終わりが近づく桜・2019年

4月中旬。 京都市東山区の建仁寺に参拝しました。 建仁寺には、ソメイヨシノが何本か植えられており、4月上旬にきれいに咲いた姿を見せてくれます。 でも、4月中旬になれば、ソメイヨシノはほとんど散り、見ごろは終わります。 ただ、2019年のソメイヨシノは例年よりも長持ちしているので、まだ建仁寺でも見ごろを保っているかもしれないと思い参拝しました。

豊国廟の散りゆく桜・2019年

4月中旬に京都市東山区の智積院に八重紅枝垂れ桜を見に行った後、豊国廟(ほうこくびょう)を訪れました。 豊国廟には、多くのソメイヨシノが植えられています。 例年だと、すでにソメイヨシノは多くの花を散らしている頃なのですが、智積院のソメイヨシノがまだ見ごろを保っていたことから、もしかしたら豊国廟のソメイヨシノも咲いているのではないかと思い、行ってみることにしました。

智積院で満開になった八重紅枝垂れ桜・2019年

4月中旬。 京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。 智積院には、八重紅枝垂れ桜が多く植えられており、ソメイヨシノが散り始める頃から見ごろに入ってきます。 京都では、例年4月10日頃から八重紅枝垂れ桜が見ごろとなるのですが、2019年は4月5日頃から見ごろを迎えているところもあり、いつもよりも早くに八重紅枝垂れ桜を見に行った方が良さそうですね。

妙覚寺と善明院の桜・2019年

4月上旬。 京都市上京区の西陣に建つ妙顕寺の桜を見た後、北に5分ほど歩き妙覚寺に参拝しました。 妙覚寺には、大門の前に数本の桜が植えられています。 訪れる人が少ないお寺なのですが、大門前の桜風景は美しく、春に西陣界隈を散策すると、つい立ち寄りたくなります。