本満寺の紅葉が見ごろを迎える・2020年

11月中旬に京都市上京区の清浄華院の紅葉を見た後、寺町通を北に5分ほど歩き、本満寺に参拝しました。 本満寺と言えば、春に枝垂れ桜が咲くことで知られています。 春以外にも、四季折々の植物を見ることができるのですが、枝垂れ桜が咲く頃以外は、あまり参拝する人はいません。

阿弥陀寺の本堂前の紅葉が見ごろに近づく・2020年

11月中旬に京都市上京区の本満寺に紅葉を見に行った後、北に少し歩き阿弥陀寺に参拝しました。 阿弥陀寺は、織田信長のお墓があることで知られるお寺です。 普段は、参拝者が訪れることはほとんどなく境内は静かです。 11月の阿弥陀寺では、本堂の前に植えられているカエデが紅葉します。 今回の参拝は、その紅葉を見ることが目的であります。

清浄華院の御影堂前で見ごろとなった紅葉・2020年

11月中旬に京都市上京区の廬山寺に紅葉を見に行った後、北に1分ほど歩き、清浄華院(しょうじょうけいん)に参拝しました。 清浄華院は、浄土宗四ヵ本山のひとつに数えられるお寺です。 境内には、御影堂(みえいどう)の前と大方丈の前に1本ずつカエデが植えられており、11月になると紅葉します。 カエデの数が少ないためか、この時期に参拝する人は少ないですね。

廬山寺の境内で見ごろを迎えた紅葉・2020年

11月中旬。 京都市上京区の廬山寺(ろざんじ)に参拝しました。 廬山寺は、紫式部が源氏物語を執筆したと伝わる地に建つ天台圓浄宗のお寺です。 境内には、まずます多くのカエデが植えられており、秋には紅葉した風景を見ることができます。 京都市中心部にしては、廬山寺は比較的早い時期に紅葉が始まるので、そろそろ見ごろを迎えていることでしょう。

妙顕寺の紅葉が見ごろに入った・2020年

11月中旬。 京都市上京区の宝鏡寺の紅葉を見た後、妙顕寺に参拝しました。 妙顕寺は、西陣に建つ日蓮宗の大本山です。 境内は、大本山らしく、とても広いですね。 その広い境内には、カエデが比較的多く植えられており、11月になると紅葉を楽しむことができます。

最勝院で紅葉が始まる・2020年

11月中旬に日向大神宮の紅葉を見た後、最勝院に参拝しました。 最勝院は、南禅寺の水路閣近くに建つお寺です。 秋の南禅寺は、とても人が多いのですが、最勝院を訪れる人は少なく、紅葉シーズンでも比較的静かですね。

紅葉し始めた日向大神宮・2020年

11月中旬。 京都市山科区の日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)に参拝しました。 日向大神宮は、普段から参拝者が少ない神社で、いつ行っても境内にほとんど人がいません。 でも、当宮は、知る人ぞ知る紅葉の名所で、毎年11月下旬になると美しい紅葉を見ることができます。 まだ、11月中旬ではありますが、今年の京都の紅葉は早めなので、日向大神宮も、そろそろ良い具合に紅葉しているのではないかと思い訪れました。

栄摂院の庭園で静かに見る紅葉・2020年

11月中旬に京都市左京区の真如堂に紅葉を見に行った後、南に少し歩き、再び金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の境内に入りました。 金戒光明寺の御影堂(みえいどう)の東側の参道沿いに建つ塔頭(たっちゅう)の栄摂院(えいしょういん)の紅葉を見るためです。 栄摂院を知っている人はほとんどおらず、11月の紅葉の時期でも訪れる人はほとんどいません。

紅葉が見ごろを迎えた真如堂・2020年

11月中旬に京都市左京区の金戒光明寺の紅葉を見た後、北隣に建つ真如堂を訪れました。 真如堂は四季折々の植物を見ることができるお寺で、秋の紅葉は特に美しいですね。 境内全体に多くのカエデが植えられており、11月中旬から下旬に素晴らしい紅葉風景を見ることができます。

紅葉が見ごろ間近の金戒光明寺・2020年

11月中旬に京都市左京区の南禅寺に紅葉を見に行った後、北西に10分ほど歩き金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)を訪れました。 金戒光明寺は、浄土宗四ヵ本山のひとつに数えられている大きなお寺で、秋が深まると紅葉を見ることができます。 例年だと、11月20日以降に紅葉が見ごろとなるのですが、2020年の京都は、どこも紅葉が早くなっているので、金戒光明寺もそろそろ見ごろが近づいているだろうと思い、参拝することにしました。