阿弥陀寺の本堂前の紅葉が見ごろに近づく・2020年

11月中旬に京都市上京区の本満寺に紅葉を見に行った後、北に少し歩き阿弥陀寺に参拝しました。

阿弥陀寺は、織田信長のお墓があることで知られるお寺です。

普段は、参拝者が訪れることはほとんどなく境内は静かです。

11月の阿弥陀寺では、本堂の前に植えられているカエデが紅葉します。

今回の参拝は、その紅葉を見ることが目的であります。

濃く色づくカエデ

阿弥陀寺には、地下鉄の今出川駅から東に6分ほど歩くと到着します。

山門の前には、ここが織田信長の廟所であることを示す石柱が立っています。

山門

山門

山門の通用口から境内に入ります。

すると、正面に立派なカエデが1本植えられています。

紅葉

紅葉

すでに全身が赤く色づいているように見えますが、まだ内側には緑色の葉がたくさん残っており、見ごろには入っていません。

青空の下で見る本堂と紅葉。

紅葉と本堂

紅葉と本堂

それでは、本堂にお参りをしましょう。

本堂の近くから紅葉を眺めます。

奥には、先ほどくぐった山門も見えます。

紅葉と山門

紅葉と山門

カエデの葉は、赤く色づいているものでも、まだ黒っぽい状態です。

このカエデは、日当たりの良い場所に植えられているので赤く色づきやすいようですが、阿弥陀寺付近は比較的暖かいので、夜でも気温が下がりにくく、透明感のある色になりにくいのかもしれません。

11月に入って、京都は一気に冷え込みましたが、15日頃から最高気温が20度を超える日が続いています。

そのため、紅葉の進みが停滞しています。

カエデの下の方は、青葉が目立ちますね。

青葉

青葉

こちらのカエデは、全く赤くなっていません。

紅葉前のカエデ

紅葉前のカエデ

紅葉するのは11月末でしょうか。

先ほどのカエデは、南側の葉は、よく色づいています。

真っ赤なモミジ

真っ赤なモミジ

全体がこれくらい赤くなると見頃ですね。

カエデの近くには、お地蔵さんがいらっしゃいました。

地蔵と紅葉

地蔵と紅葉

紅葉の奥には庫裡(くり)が建っています。

紅葉と庫裡

紅葉と庫裡

この日の阿弥陀寺は、やはり誰も参拝することがなく、境内には私一人だけでした。

鐘楼と紅葉

鐘楼と紅葉

おそらく、紅葉が見ごろを迎えても、見に来る人はほとんどいないでしょうね。

阿弥陀寺の本堂前の紅葉は、そろそろ見ごろを迎えそうです。

ただ、気温が高い日が続くと、もうしばらく時間がかかるかもしれません。

11月21日以降に参拝すれば、きれいな紅葉を見られるのではないでしょうか。

この後は、上御霊神社に紅葉を見に行きます。

なお、阿弥陀寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo