清浄華院の御影堂前で見ごろとなった紅葉・2020年

11月中旬に京都市上京区の廬山寺に紅葉を見に行った後、北に1分ほど歩き、清浄華院(しょうじょうけいん)に参拝しました。

清浄華院は、浄土宗四ヵ本山のひとつに数えられるお寺です。

境内には、御影堂(みえいどう)の前と大方丈の前に1本ずつカエデが植えられており、11月になると紅葉します。

カエデの数が少ないためか、この時期に参拝する人は少ないですね。

御影堂の前で真っ赤に色づく

清浄華院には、地下鉄の今出川駅から南東に6分ほど歩くと到着します。

京阪電車だと、出町柳駅から南西に徒歩約7分です。

寺町通に面した総門から境内に入ります。

境内

境内

境内には、車が目立ちます。

まずは、総門の北側に建っている不動堂の中に入って、泣不動にお参りです。

不動堂

不動堂

いつもながら、お不動さまは、怖そうな顔をしていらっしゃいます。

不動堂にお参りを済ませ、参道を東に歩きます。

そして、御影堂の左前に植えられているカエデの近くにやってきました。

真っ赤なモミジ

真っ赤なモミジ

見事な赤色であります。

緑色の葉は全く残っておらず、木全体が赤色です。

まさに見ごろの紅葉です。

青空を背景に見る紅葉も美しいですね。

青空と紅葉

青空と紅葉

晴れていると、モミジの赤色が際立ちます。

清浄華院には、11月下旬以降に訪れたことが何度かありますが、いつも、御影堂前の紅葉は見ごろを過ぎていました。

石碑と紅葉

石碑と紅葉

でも、今年は、11月中旬と早めに清浄華院を訪れたので、きれいな紅葉を見られました。

こんなに美しい紅葉なのに参拝者は私だけ。

なんかもったいない気分になります。

蜂須賀桜は、まだ緑色が目立ちます。

蜂須賀桜と御影堂

蜂須賀桜と御影堂

蜂須賀桜も、黄葉すると全身が黄色くなってきれいですよ。

11月中旬の様子だと、全体が黄葉するのは、11月の終わり頃になりそうです。

大方丈の右前に植えられているカエデは、まだ色づき始めでした。

大方丈と紅葉

大方丈と紅葉

このカエデが見ごろになると、御影堂前の紅葉は見ごろを過ぎます。

なので、2本が同時に真っ赤になった姿を見るのは難しいです。

再び御影堂前の紅葉を眺めます。

御影堂と紅葉

御影堂と紅葉

やや南向きに見上げると、日差しを浴びたモミジの赤色が透き通るように鮮やかでした。

鐘楼越しにも、紅葉を見ておきましょう。

鐘楼と紅葉

鐘楼と紅葉

そろそろ清浄華院から出ることに。

最後にもう一度紅葉を眺めます。

松と紅葉

松と紅葉

松の緑色に囲まれているためか、モミジの赤色がよく目立っていましたよ。

御影堂前の紅葉は、11月20日頃までは見ごろを保っていると思います。

そして、大方丈前の紅葉は、11月25日頃に見ごろを迎えそうです。

この後は、本満寺に紅葉を見に行きます。

なお、清浄華院の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo