2016年11月一覧

大谷本廟の紅葉・2016年

11月10日に妙法院に紅葉を見に行った後、そこから北に10分ほど歩いて大谷本廟にも行ってきました。 大谷本廟は、清水寺に向かう途中に建っています。 なので、清水寺に参拝する方が、よく立ち寄ります。 特に秋の紅葉の時期になると、円通橋の周囲が赤色や黄色に染まり、その景色を近くで見ずにはいられないくなりますね。

新日吉神宮の紅葉・2016年11月10日の状況

11月10日に京都市東山区の妙法院に参拝する前に近くの新日吉神宮(いまひえじんぐう)に立ち寄りました。 新日吉神宮にお参りする予定はなかったのですが、妙法院に行く途中、ふと東の坂道の上に目をやると、黄色に色づいたイチョウがきれいだったので、新日吉神宮を訪れることにしました。

妙法院の紅葉・2016年11月10日の状況

11月10日に京都市東山区の智積院に紅葉を見に行った後、北隣に建つ妙法院にも参拝してきました。 妙法院は、天台宗の三門跡寺院に数えられる格式の高い寺院です。 とは言え、中に入るのをためらってしまうことはなく、誰でも気軽に境内に入れます。 休憩所もあるので、周辺を観光して疲れた時には、少し休むこともできます。

智積院で色づきが進む紅葉・2016年

11月10日。 京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)に参拝してきました。 智積院は、広い境内にたくさんのカエデが植えられており、秋になると見事な紅葉を見れます。 でも、世界遺産に登録されている寺社と比較すると、知名度が高くないので、紅葉の見ごろ時期でもあまり混雑しません。

養源院の紅葉・2016年11月10日の状況

11月10日に京都市東山区の養源院に参拝してきました。 養源院は、参道に多くのカエデが植えられており、秋が深まるときれいな紅葉を見ることができます。 例年なら、まだ紅葉の見ごろには若干早いのですが、2016年は11月に入ってからの冷え込みが厳しく、例年よりも早くに見ごろを迎えそうです。 ということで、養源院の紅葉の進み具合を見に行ってきた次第です。

京都の紅葉狩りコース-法金剛院、退蔵院、大法院編

京都市右京区は、嵯峨野や嵐山が紅葉の名所として有名です。 他にも右京区には、いくつか紅葉の名所があるのですが、嵯峨野と嵐山が有名すぎるために忘れられているところがあります。 そのひとつが花園です。 花園には、法金剛院、退蔵院、大法院といった紅葉の名所があり、秋に一度は訪れたいですね。

京都の紅葉狩りコース-檀林寺、滝口寺、祇王寺編

秋は、友人や知人と一緒に賑やかに紅葉狩りをするのも良いですが、ひとりでしんみりと、この時期ならではのもの悲しさを味わうのも良いものです。 京都市内で秋の寂しさを感じられるのは右京区の嵯峨野です。 その中でも、檀林寺、滝口寺、祇王寺は、特にしんみりとした雰囲気がある紅葉の名所です。

京都の紅葉狩りコース-大覚寺、大沢池、清凉寺、宝筐院編

京都市右京区の嵯峨野には、たくさんの紅葉の名所があります。 数があまりに多すぎるので、どこに行けば良いのか逆に困ってしまうくらいです。 基本的に京都観光では、有名な観光名所を1ヶ所拝観した後、その近くにある観光名所数ヶ所に訪れるのがおすすめです。 特に嵯峨野は観光客も多く混雑しますから、できるだけ移動時間を減らしたいですね。 秋の紅葉の時期に嵯峨野の大覚寺に参拝した場合には、清凉寺と宝筐院(ほうきょういん)にも参拝するのがおすすめです。

京都の紅葉狩りコース-寂光院、宝泉院、三千院、実光院、勝林院、来迎院編

京都市左京区の大原は、美しい紅葉が見れる地域として評判です。 京都市内には多くの紅葉の名所がありますが、自然の中で紅葉狩りをしたいという方には大原がおすすめです。 寂光院、宝泉院、三千院、実光院、勝林院、来迎院と多くの紅葉が美しい寺院が建ち並び、秋に一度は訪れたいですね。

京都の紅葉狩りコース-瑠璃光院、八瀬もみじの小径、蓮華寺編

京都市左京区を走る叡山電車の沿線沿いには、多くの紅葉の名所があります。 比叡山へと向かうケーブルカーの乗換駅である八瀬比叡山口駅近くにも、瑠璃光院(るりこういん)、八瀬もみじの小径(こみち)、蓮華寺といった紅葉の名所があり、近年、人気になってきています。