初夏の清浄華院に参拝

5月中旬に京都市上京区の清浄華院(しょうじょうけいん)にお参りしてきました。

清浄華院は、浄土宗四ヵ本山のひとつに数えられています。

清浄華院の境内は、それほど四季折々の草花を楽しめるということはないのですが、たまたま近くを通りかかったので参拝していくことにしました。

名水が汲めるようになっている

清浄華院は、京都御苑の東に建っています。

最寄駅は、地下鉄今出川駅、または京阪出町柳駅です。

どちらの駅からでも、徒歩10分程度ですね。

清浄華院の入り口に到着。

入口

入口

山門の前にある「大本山 清浄華院」の石柱が堂々としていて、なんとなく威圧感を感じます。

山門をくぐって左側には不動堂が建っています。

不動堂

不動堂

清浄華院の不動堂には身代わり不動が祀られているので、まずはこちらにお参りです。

体調が悪い方は、不動明王が身代わりになってくれると伝えられているので、参拝しておきたいですね。

また、山門の右側には地蔵堂があります。

地蔵堂

地蔵堂

地蔵堂には、安産、子授けのご利益があると信仰されている梅宮大社(うめのみやたいしゃ)の本地仏であった子安地蔵が祀られています。

私が訪れた時には、戸が閉まっていたので、中には入りませんでした。

境内の中ほどに建てられて間もない手水舎があります。

この手水舎は、法然上人800年大遠忌記念として再建された「華水 手水舎」です。

華水 手水舎

華水 手水舎

手水鉢の隣には、華水が汲める金色の蛇口も設置されています。

金色の蛇口

金色の蛇口

ペットボトルを持っていなかったので、華水を汲めませんでしたが、今度、参拝に来た時には汲ませていただきましょう。

新緑、アヤメ、サツキ

蜂須賀桜は、すっかり青葉となっていました。

蜂須賀桜

蜂須賀桜

その蜂須賀桜を囲むようにアヤメの植木鉢が並んでいましたよ。

アヤメ

アヤメ

青色と白色のアヤメの花びらが初夏らしいですね。

アヤメのアップ

アヤメのアップ

本堂脇のカエデの新緑も色鮮やかであります。

本堂脇の新緑

本堂脇の新緑

透き通るような黄緑色のカエデの葉。

カエデの青葉

カエデの青葉

葉にまだ汚れが無くて、とても美しい色をしています。

本堂の脇では、赤色のサツキの花が咲き始めていましたよ。

サツキ

サツキ

見ごろになるのは、5月末から6月上旬でしょうか。

初夏の清浄華院は人が少なかったので、落ち着いてお参りできました。

やっぱりお寺の境内は静かな方が良いですね。

京都御苑に観光で訪れた時は、清浄華院にも参拝してはいかがでしょうか。

なお、清浄華院の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo