鳥辺野で肝試し

暑い夏に涼しくなるには、最近ではエアコンや扇風機を使うわけですが、昔から涼しくなるために行われていることと言えば肝試しですね。

夜にお墓に行くなんていうのは、それだけで怖くて、背筋がひんやりとしてくるものです。

京都の夏は、暑いと言われますが、夜に行くと、恐ろしくて、背筋が凍るほど涼しくなるところがいくつもあります。

その中のひとつが、東山区の鳥辺野(とりべの)です。

ここは肝試しには、ちょうど良いところです。

お墓の入口

鳥辺野は、京都三大葬送地として知られている場所。

なので、ここにはたくさんのお墓があります。

お墓の入口は、京阪電車の清水五条駅から東に10分ほど歩いた辺りに建つ実報寺の近くです。

実報寺

実報寺

実報寺から坂を上っていくと、右手にずらっとお墓が並んでいます。

その数は、どれくらいあるのかわかりませんが、とにかく多いですね。

夜にここを歩くだけで、背筋がひんやりとしてきますよ。

平安時代、高貴な人はお墓に埋葬されましたが、庶民は、道端でのたれ死ぬなんて事は当たり前で、そういった人の亡骸は、ここ鳥辺野に運ばれ、風葬されました。

風葬と聞くと、供養されたように思ってしまいますが、これは、単に野ざらしにされていたということです。

そんなところを夜に歩くわけですから、それはそれは恐ろしいですね。

清水寺の音羽の道

鳥辺野に建つお寺で最も有名なのが清水寺です。

清水寺と言えば、清水の舞台が有名ですね。

ここからの眺めは、観光客の方に人気で、いつ来ても人が絶えません。

そんな人気の観光スポットも、実は、恐ろしい場所だったんですよね。

「清水の舞台から飛び降りる」という言葉があります。

実際に清水の舞台に行けばわかりますが、こんな高いところから飛び降りるなんてできそうにないですね。

でも、昔は、何人も飛び降りていたんですね。

きっと遠くで見ると飛び降りていたように見えたのでしょうが、実は、死体をここから投げ捨てていたのです。

その死体は、清水の舞台のはるか下にある音羽の道まで、落とされていたのかもしれません。

音羽の道

音羽の道

そんなことを想像すると、とても清水の舞台から下をのぞくことができませんね。

音羽の道の入口からは、死者の声が聞こえてきそうです。

ちなみに清水寺は、夜間拝観が行われることがありますので、夏の夜の肝試しに参拝してはいかがでしょうか。

六道の辻

清水寺から坂道を下りてくると、六道珍皇寺があります。

六道珍皇寺

六道珍皇寺

ここも肝試しスポットとして外すことができません。

この辺りは、六道の辻と言われており、この世とあの世の境目であります。

六道珍皇寺の境内には、平安時代に小野篁(おののたかむら)が、閻魔大王の許に赴くために利用した井戸があります。

そう、ここはあの世への入口なんですね。

夜に井戸に近づくと、あの世に吸い込まれてしまうかもしれませんよ。

六道珍皇寺から西に3分ほど歩いた辺りには、子育幽霊飴を売っているお店があります。

子育幽霊飴の店

子育幽霊飴の店

昔、ある夜に女性が飴を買いにこの店にやって来ました。

その女性は1文銭を払って、飴をひとつ買って帰りました。

次の夜もまた同じ女性がやってきて、1文銭を払って飴を買っていきました。

女性は6日連続で飴を買いに店を訪れ、7日目には、お金がないので、羽織を差し出して飴と交換してほしいと言います。

かわいそうに思った店の主人は、羽織と飴を交換しました。

不思議に思った主人は、女性の後をつけていくと、鳥辺野で姿が見えなくなりました。

そこで、お寺の住職に今までの出来事を話し、羽織をみせると、1週間前にその羽織を着た女性がお寺に訪れたと言います。

しかし、その女性は翌朝に亡くなっていたので、三途の川の渡し賃6文と産着とともにお墓に埋葬したということでした。

店の主人は、住職とともにそのお墓に行ってみたところ、そこから赤ん坊の泣き声が聞こえたので、掘り起こしてみることにしました。

すると、お墓からは、産着に包まれた赤ん坊が出てきました。

そう、毎晩、お店に来ていた女性は、すでに亡くなっており、幽霊となって赤ん坊に食べさせる飴を買いに来ていたのです。

そして、7日目には、お金が無くなったので、羽織と飴を交換してもらったんですね。

子育幽霊飴の話を聞くだけでも、涼しくなってきますが、お店の近くには、西福寺というさらに涼しくさせてくれるお寺が建っています。

西福寺

西福寺

この西福寺には、「九想観の図」という掛け軸が伝わっています。

実際に見たことはないのですが、この掛け軸には、高貴な女性が亡くなって、遺体が腐り、白骨化するまでの様子が描かれているそうです。

想像しただけでも、恐ろしい掛け軸ですね。

九想観の図は、8月8日から10日の間に西福寺に行くと見れるそうです。

この3日間は、この周辺は六道参りで賑わい、西福寺では、掛け軸や屏風などが展示されます。

夏真っ盛りの8月上旬ですが、六道の辻だけは、ひんやりとしてそうですね。



京都桜photo