京都の名所旧跡一覧

岡崎疏水の桜を見て歩く・2020年

3月末に京都市左京区のインクラインの桜を見た後、少し北に歩き、岡崎疏水を訪れました。 岡崎疏水は、岡崎を流れる琵琶湖疏水のことです。 岡崎疏水沿いには、多くの桜が植えられており、毎年3月末から4月上旬にかけて美しい桜風景を見ることができます。 ただ疏水沿いの歩道を歩くだけなのですが、春ののどかな雰囲気を楽しめるのが岡崎疏水の良いところです。

インクラインで見ごろを迎えた桜・2020年

3月末。 京都市左京区のインクラインに桜を見に行きました。 インクラインは傾斜鉄道のことで、琵琶湖疏水を使って運搬された物資を船から降ろすことなく、昇降させることができます。 今は使われておらず、線路の両脇には多くのソメイヨシノが植えられ、春に旅行者や観光客の方の目を楽しませてくれます。 例年だと4月上旬に桜が見ごろを迎えるインクラインですが、2020年は3月末に見ごろとなりました。

桜を見ながら山科疏水を歩く・2020年

3月末に京都市山科区の毘沙門堂に桜を見に行った後、近くの山科疏水の桜を見て歩きました。 山科疏水は琵琶湖疏水のことで、山科を流れている琵琶湖疏水のことを山科疏水と通称しています。 山科疏水に限らず、琵琶湖疏水沿いはソメイヨシノが多く植えられているので、春になると満開の桜を見ながら歩きたくなります。

本圀寺の桜が見ごろ・2020年

3月末。 京都市山科区の本圀寺に参拝しました。 本圀寺は、歴史のあるお寺ですが、知っている人はあまり多くありません。 そのため、春は境内で桜が咲くのですが、見に来る人はほとんどいませんね。 私も、本圀寺に参拝するのは10年ぶりです。

毘沙門堂で見ごろを迎えた桜・2020年

3月末に京都市山科区の毘沙門堂に参拝しました。 毘沙門堂は、桜の名所として知られており、例年だと4月上旬に境内で見ごろを迎えます。 2020年の京都は、暖冬の影響から桜の開花が早まっており、京都各所で3月末に桜が満開になっています。 毘沙門堂のソメイヨシノも、例年より早く咲き始めており、そろそろ見ごろとなっているはずだと思い、毘沙門堂に向かいました。

要法寺で見ごろを迎えた三春滝桜・2020年

3月末。 京都市左京区の要法寺(ようぼうじ)に参拝しました。 要法寺には、本堂の両脇に三春滝桜が植えられています。 毎年春になったら、三春滝桜を見に行きたいなと思いながら、春になるとすっかり忘れてしまい、咲いている姿をこれまで見たことがありません。 今年は、要法寺の三春滝桜のことを忘れずに覚えていたので、咲いている姿を見ることができました。

雨の日の石清水八幡宮で見る桜・2020年

3月下旬。 京都府八幡市の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)に参拝しました。 石清水八幡宮には、神苑に多くのソメイヨシノが植えられており、毎年春になると華やかな風景を見ることができます。 例年だと4月上旬がソメイヨシノの見ごろなのですが、2020年は開花が早く、3月中には見ごろを迎えそうだと思い石清水八幡宮に早めに桜を見に行ってきました。

知恩院で咲き始めた桜・2020年

3月下旬に京都市東山区の円山公園の桜を見た後、お隣の知恩院に参拝しました。 知恩院は、東山を代表する浄土宗の寺院で、春には境内の所々で桜が咲きます。 訪れる人は多めですが、境内が広々としているため、それほど混雑しているようには感じませんね。 京都では3月22日にソメイヨシノが開花したばかりなので、まだ知恩院も、あまり華やかになっていないだろうなと思いながらも、どれくらい桜が咲き進んでいるのか確認してきました。

清水界隈の桜を見て歩く・2020年

3月下旬に京都市東山区の清水寺の枝垂れ桜を見た後、清水界隈の桜を見て歩きました。 まだソメイヨシノが開花して間もない時期ですが、早咲きの枝垂れ桜は見ごろを迎えており、清水界隈も春らしい景色を見ることができます。 祇園と同じく清水も、京都らしい景観を楽しめる地域なので、ただ歩くだけでも京情緒を楽しめます。