京都府立植物園のイルミネーション2011年

京都市左京区の京都府立植物園では、毎年12月になるとイルミネーションを観ることができます。

2011年の12月もしっかりと夜間拝観が行われていたので、イルミネーションを観に行くことに。

今回、初めて観覧するので、どのようなイルミネーションなのか、非常に楽しみです。

池に映し出される光

府立植物園は、地下鉄北山駅の3番出口を出て、すぐの場所に入口があります。

京都府立植物園

京都府立植物園

自動券売機に200円を入れて入園券を購入。

ゲートをくぐると、真っ暗な空間に光で装飾された木がぽつんと立っています。

その前には、噴水があり、青色や緑色のライトが当てられていました。

噴水

噴水

噴水から観覧温室へと続く通路沿いには、川のようなイルミネーション。

ところどころにトナカイが立っています。

川のようなイルミネーション

川のようなイルミネーション

ここまで見たイルミネーションは、正直、地味な感じでした。

もうちょっと派手でも良かったのに。

そんなことを思いながら、観覧温室近くまで来ると、イルミネーションが今までよりも派手になってきました。

やはり、これくらい本格的なイルミネーションの方が見ごたえがあります。

本格的なイルミネーション

本格的なイルミネーション

2人の天使が体から白い光を放っています。

記念撮影をする家族たちが多く、なかなか写真を撮ることができませんでした。

天使たち

天使たち

トナカイにひかれたソリも大人気で、子供たちが順番に乗って写真撮影をしていました。

トナカイとソリ

トナカイとソリ

花も満開。

これは桜かな?ちょっと違うような気もします。

満開の花

満開の花

夜間拝観時は、観覧温室に無料で入れます。通常は200円必要です。

観覧温室では、ポインセチア展が開催されていました。

ポインセチア

ポインセチア

一口にポインセチアと言っても、様々な種類があります。

赤色、黄色、桃色と並んだポインセチアは、華やかでした。

ただ、夜に見るよりも昼に見た方が、よりきれいだと思います。

観覧温室から出ると、池に映し出されたイルミネーションが目に飛び込んできました。

池に映るイルミネーション

池に映るイルミネーション

この景色は、観覧温室の入口付近から見たものです。

他の場所からは見れません。

木には、たくさんのサンタクロースが吊るされていました。

サンタクロース

サンタクロース

このサンタたちが、イルミネーションというプレゼントを届けてくれたんですね。

なお、京都府立植物園の2011年の夜間開園は、12月24日までです。

また、京都府立植物園の花の見ごろの情報は、「京花だより」さんが、よく紹介されています。お気に入りに入れておくか、フィードで購読しておくと便利ですよ。



京都桜photo