3月の京都御苑で咲く桃・2020年

3月中旬に京都御苑に早咲きの枝垂れ桜を見に行った際、桃林も見てきました。

京都御苑の桃林では、毎年3月下旬から4月上旬にかけて、桃の花がきれいに咲きます。

2020年は、暖冬の影響からか、桜だけでなく桃の開花も早まっており、3月中旬にすでに見ごろを迎えていました。

春の陽気に包まれた桃林

京都御苑の最寄り駅は、地下鉄の丸太町駅もしくは今出川駅です。

どちらの駅からも京都御苑はすぐです。

桃林は、京都御苑の西側にあります。

梅林の少し北ですね。

梅林の梅は、遅咲きの品種が見ごろを保っていましたが、早咲きの品種はすでに散っています。

一方、桃林では、多くの桃が見ごろを迎え、全体的に華やかになっていました。

桃林

桃林

ベンチに座って、のんびりと桃を眺める人もいれば、桃に近づき写真撮影をしている人もいます。

真っ赤な桃の花は情熱的であります。

赤色の桃

赤色の桃

白色の桃の花は、青空の下で見ると、その白さが際立ちます。

白色の桃

白色の桃

白色の桃の向こうには、京都御所の築地塀が見え、古都に春が訪れたのを実感します。

白色の桃のアップ

白色の桃のアップ

背の高い桃の木は、上の方にたくさんの花を咲かせていました。

満開の白色の桃

満開の白色の桃

見事な咲きっぷりです。

一方、背の低い桃の木も白色の花を咲かせていました。

背の低い白色の桃

背の低い白色の桃

でも、背が低い桃の木は、背が高い桃の木よりも、やや華やかさが劣ります。

こちらの赤色の桃の木は満開でも寂しい姿ですね。

背の低い赤色の桃

背の低い赤色の桃

京都御苑の桃林では、植えられて間もない桃の木が多くあります。

背の低い桃たち

背の低い桃たち

どの桃も、花を咲かせていますが、遠目からだと、あまり咲いていないように見えます。

これらの桃たちが成長し、背が高くなれば、桃林はとても華やかになりそうですね。

あと何年くらいかかるでしょうか。

この日は、桃林を歩いている人は少な目でした。

のどかな桃林

のどかな桃林

そのためか、時間がゆっくりと流れているように感じましたよ。

それにしても、晴れている日は、花がきれいに見えますね。

曇っていると、白色の花は雲と同化して美しさが半減します。

赤色と白色の桃の花を一緒に眺めます。

紅白の桃

紅白の桃

こうやって、2本の桃の木が重なって見える位置に立つと、花が密集しているようで華やかさが増しますね。

京都御苑の桃林の桃は、すでに見ごろを迎えています。

見ごろは例年よりも早く終わりそうですが、3月いっぱいは咲いているのではないでしょうか。

この後は、清浄華院に蜂須賀桜を見に行きました。

なお、京都御所の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo