堀川通のイチョウの黄葉と宝鏡寺の紅葉・2020年

11月中旬に上御霊神社に紅葉を見に行った後、西に10分ほど歩き堀川通のイチョウを見に行ってきました。

堀川通は、広い道路で中央にイチョウ並木があります。

毎年、11月になるときれいに黄葉したイチョウ並木を見ることができます。

また、堀川通の近くに建つ宝鏡寺にも紅葉を見に行ってきました。

堀川通が金色に輝く

堀川通に到着しました。

場所は、市バス停「堀川寺之内」の辺りです。

堀川通のイチョウ

堀川通のイチョウ

信号の前からイチョウ並木を眺めると、道路の中央に金色の壁ができているように見えます。

横断歩道を渡って堀川通の西側へ。

整然と並ぶイチョウ

整然と並ぶイチョウ

整然と並んだイチョウは、どの木も黄色く染まっています。

再び、横断歩道を渡って堀川通の東側に戻ろうとしたら、途中で信号が赤になりました。

でも、道路の真ん中から黄葉したイチョウを正面で見ることができたので、かえって良かったですね。

全身が黄葉したイチョウ

全身が黄葉したイチョウ

宝鏡寺の塀からあふれる紅葉

堀川通のイチョウを見た後は、堀川寺之内のバス停から東に1分ほど歩き、宝鏡寺に向かいます。

山門をくぐると、カエデが真っ赤に色づき、紅葉が見ごろとなっていました。

宝鏡寺の境内

宝鏡寺の境内

宝鏡寺は、臨済宗の尼門跡寺院で、皇室から下賜されたひな人形や御所人形を多く保存しています。

そのため、人形寺とも呼ばれていますね。

11月15日まで人形展が開催されていましたが、私が訪れた日は、すでに期間を過ぎていました。

人形塚と一緒に見る紅葉。

人形塚と紅葉

人形塚と紅葉

普段は、宝鏡寺の建物の中に入ることはできません。

玄関

玄関

でも、山門をくぐることはできます。

山門近くから眺める紅葉。

山門近くから見る紅葉

山門近くから見る紅葉

宝鏡寺には庭園があるのですが、まだ拝観したことはありません。

庭園から見る紅葉もきれいなんでしょうね。

山門から外に出ます。

宝鏡寺の塀を越えて、先ほどのカエデが枝を伸ばしています。

塀際の紅葉

塀際の紅葉

境内に入らなくても、見事な紅葉を見られます。

青空と紅葉

青空と紅葉

塀からあふれ出す真っ赤なモミジ。

塀からあふれる紅葉

塀からあふれる紅葉

まだ11月中旬でしたが、宝鏡寺の紅葉は鮮やかな赤色となり見ごろを迎えていました。

11月は、宝鏡寺の前を通るだけでも、気持ち良く紅葉狩りできますよ。

この後は、東に3分ほど歩き、妙顕寺に紅葉を見に行きました。

なお、宝鏡寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo