正法寺の紅葉と鳥獣の石庭

11月中旬に京都市西京区の大原野に建つ正法寺を訪れました。

正法寺には、鳥獣の石庭と呼ばれている庭園があり、石を使って様々な動物を表現しているのが特徴的です。

また、秋には紅葉も楽しめるので、大原野に紅葉狩りに出かけた時は、忘れずに参拝しておきたいですね。

見ごろを迎えた紅葉

正法寺へは、JR向日町駅から阪急バスに乗車して、「南春日町」で下車し、5分ほど歩くと参道の入口に到着します。

入口

入口

参道を進むと朱色の極楽橋が川に架かっています。

その極楽橋の近くのカエデが良い具合に色づいていました。

極楽橋と紅葉

極楽橋と紅葉

まだ青葉も多かったですが、真っ赤なモミジやオレンジ色のモミジと混ざり合ってきれいでしたよ。

正法寺の境内に入ると、春日不動尊近くの紅葉も見ごろとなっていました。

春日不動尊と紅葉

春日不動尊と紅葉

石段の両脇で怖い顔をして立つ仁王さまの後ろのモミジも真っ赤です。

仁王さまと紅葉

仁王さまと紅葉

春日不動尊の前を通り拝観受付へ向かいます。

山門から入るのが普通なのですが、ついつい春日不動尊の前から受付に向かってしまいます。

拝観料は300円です。

鳥獣の石庭

本堂に入って、まずは三面千手観音にお参りです。

浄財の箱の近くにあるボタンを押すと、正法寺の解説が始まります。

お寺の沿革、祀られている仏像などの説明を聞きたい方は、ボタンを押してください。

正法寺の解説を聞き終わった後は、春日稲荷尊にお参りです。

商売繁昌、福徳授与のご利益を授けてくれるとか。

春日稲荷尊の近くから眺める紅葉と遍照塔も見事です。

遍照塔と紅葉

遍照塔と紅葉

春日稲荷尊にお参りをしないと、この景色を見れません。

それでは、鳥獣の石庭の鑑賞です。

鳥獣の石庭

鳥獣の石庭

曇り空だったので、あまり良い眺めとは言えませんが、心が落ち着く庭園です。

最初は私ひとりだけだったので、縁側でのんびりと鑑賞できましたよ。

でも、しばらくすると団体さんがいらっしゃったので、少々騒がしくなりましたが。

下の写真に写っている4つの石は、左から浜千鳥、フクロウ、ヘビ、ゾウです。

石組

石組

ゾウは、とても大きな石です。

ヘビは、砂から顔を出しているだけです。

フクロウはちょっとわかりにくいですね。

浜千鳥は、翼を広げているのでしょうか。

他にも、獅子、犬、亀、フクガエルなど、たくさんの動物がいるので、拝観時には、全て探してみてください。

石庭には、あまりカエデはありません。

石庭の紅葉

石庭の紅葉

塀の後ろのカエデの紅葉の進み具合は、他よりも遅いようです。

鳥獣の石庭では、紅葉よりも石組、白砂、滝を縁側に座ってじっくりと眺めるのが良いでしょう。

鳥獣の石庭は、東山を借景にしています。

東山

東山

雲の間から太陽の光が射し始めました。

これで少しは、明るくなったのですが、またすぐに曇り空となってしまいました。

上の写真には写っていませんが、日本電産と京セラのビルも見えましたよ。

もうちょっと背の低いビルにしてくれれば良かったんですけどね。

石庭の鑑賞を終えたので、お寺から出ることに。

参道わきのモミジが真っ赤。

山門と紅葉

山門と紅葉

山門の外の紅葉もきれいでしたが、やはり、曇り空だとモミジに鮮やかさがないですね。

山門の外の紅葉

山門の外の紅葉

なお、正法寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo